人間が幸福になる経済とは何か

3.50
  • (6)
  • (7)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 9
制作 : 鈴木 主税 
さきこさん  未設定  読み終わった 

なんで英題が「the roaring 90's」なのに、日本名がこれなのかしらという。
訳した・読んだ日本人がその思いをこめたかったのはわかるけど、著者にはやはりその意図はないのでは?
ガビガビ90年代のアメリカ経済の話で、
私、正直わからないし、興味も大きくなくて、この分野は。

スティングリッツはもっと開発系の話が多いイメージだったけど、
私の切り口がそうだっただけで、やっぱりべたべたの経済学者さんだったわけね。

とはいえ、アメリカを一辺倒に褒めてはいない点や、
90年代の数々の失敗を経て、今の活動(サルコジさんのGNHの学会とか?)があるんだろうな、という背景を知ることができたのでよかった。

正直に言って、読んだのは前半数ページと、あとは全部「めくった」程度だけど、
エンロンの話とか、ぜんぜん知らなかったので勉強になりました。

レビュー投稿日
2009年12月4日
読了日
2009年11月28日
本棚登録日
2009年11月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人間が幸福になる経済とは何か』のレビューをもっとみる

『人間が幸福になる経済とは何か』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする