こんちき号北極探検記 ホッキョクグマを求めて3000キロ

著者 :
  • 講談社 (2012年7月27日発売)
4.36
  • (14)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 91
感想 : 24
5

「どうぶつえんガイド」をこどもと一緒に読んで以来、大ファンになりました。あべさんの、動物に対する目線が好きなのです。この本ではこんちき号のメンバーもオリジナルな目線で(酒を飲むか飲まないかの分類)紹介しています。「安いカメラでいい写真を撮る」吉本さんって・・・(笑)
さて、いざ北極へ。残雪にいろいろな模様を読み取ってスケッチしたり、いろいろな形の氷山、その音を表現したり、写真とはちがう、絵描きならではの視線が楽しめます。60万羽ものウミスズメを、こんなふうに描かれたら、写真では太刀打ちできないかも(笑)
ゆるそうなスケッチだけれど、しっかり北極のリアルを感じることができます。
探検は、一度だけ。だから北極はおしまい(カッコイイ!)というあべさんは、シロクマや北極の物語を紡ぎ始めています。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: エッセイ  
感想投稿日 : 2015年7月14日
読了日 : 2015年7月14日
本棚登録日 : 2015年7月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする