読後無性にコロッケそばが食べたくなって、昨日行ってきました。そばの上にコロッケ、ワカメ、ネギ。うーん、次回は私も天せいろがいいな。
エノケソ一座、子どもの事情観たので、エピソードが楽しかった。

2019年3月30日

読書状況 読み終わった [2019年3月30日]

吉田修一さんのエッセイは初めて読みました。隅々に向ける眼差しが、好奇心たっぷりで、あたたかくて、愉快で、ところどころぼんやりしていて、読んでいるのが楽しくなりました。
旅に出たい!

2019年3月11日

読書状況 読み終わった [2019年3月11日]

そこがいいんじゃない!
一瞬にして状況をひっくり返してしまう魔法の言葉。あ、これ下手くそかも。。。そこがいいんじゃない!
みうらじゅん、人と違うルートで仏の道を登っているよ。

読書状況 積読
カテゴリ   ま行

音楽を表現する言葉の豊かさに、想像をかきたてられました。気になった一曲を深く聴き込んだら、宝物になりそうです。
楽器の位置で音が全く変わってしまうというのも興味深かった。
欲を言えば、主役級の人たちがみな良さげな人なのでストレスはたまらないけれど、チャンのような違うタイプの人をもっとみたい。

2017年8月12日

読書状況 読み終わった [2017年8月12日]
カテゴリ   あ行

すごいエネルギーを感じる。
馬子、今いずこ。

読書状況 積読
カテゴリ   た行

美容師さんからのオススメがきっかけで読んだ本。

2017年6月16日

読書状況 読み終わった [2017年6月16日]
カテゴリ   ま行

巨デブの世界にしびれた。
あらゆる価値観を、本当にそうかしらと見直せば、別の世界が広がる、かも。

2016年7月23日

読書状況 読み終わった [2016年7月23日]
カテゴリ   あ行

これいい本。レシピがわかりやすく、美味しい。野菜がふんだんに使われていて、とても好み。いつか治療院に行くことを目標に、一つでも多くのレシピを実際に作ってみる。

2016年7月23日

読書状況 読み終わった [2016年7月23日]

最後の20ページで涙腺が崩壊してしまった。
猫の社交界、恋をままごとのように眺めて読み進んだけれど、この結末を迎えるためだったのね。純愛もの。

2015年11月22日

読書状況 読み終わった [2015年11月22日]
カテゴリ   さ行

地方により様々な特色のあるタイ料理の実際がよくわかる本。
簡単なレシピつき。

2015年11月4日

読書状況 読み終わった [2015年11月4日]
カテゴリ 実用書

父親が大塩平八郎の乱に加わったため、15歳になるのを待って遠島になった常太郎。
常太郎の目を通して隠岐の島後を見つめる。
松江藩の暗愚な支配、飢饉、庄屋と村人の確執、流行り病、維新。
主人公は島。

2015年9月22日

読書状況 読み終わった [2015年9月22日]
カテゴリ   あ行

縫ったどー!

2015年8月29日

読書状況 読み終わった [2015年8月29日]
カテゴリ 実用書

前評判も何も知らず、タイトルの面白さだけで手に取った一冊。
4人の関係性も読むにつれ徐々に分かってくる。
皆面倒を抱えているけれど、暗黙のうちに集合するメンバーが支えになって、賑やかしになって。
自身の日陰になってじめじめした部分を、日に当ててさらっとさせたような気持ちよさがありました。
面白い本との出会いに感謝。

2015年6月1日

読書状況 読み終わった [2015年6月1日]
カテゴリ   ま行

永久保存版!

2014年12月17日

読書状況 読み終わった [2014年12月17日]
カテゴリ   な行

宮部さんの本がどんどん好きになっていく。
前に読んだときはただ面白いとしか感じなかった。保身のために人を巻き込むような嘘をつく人が身の回りにいなかったからだ。
今はもっと深く心に響いた。
平凡な暮らしでも、ある人にとってはねたみの対象になってしまい、まっとうであればあるほど、恨みを買ってしまう。
宮部さんの本には救いがある。自分だけではたどり着けない落とし所に、周りのみんながそっと着地させてくれる優しさがある。

2014年10月3日

読書状況 読み終わった [2014年10月3日]
カテゴリ   ま行

チューニングの一瞬狂ったラジオの雑音がクリアになったとき、いつもと違う番組が流れてきたら…。
PCに向かう時にはラジオを聴くことが多いので、ちょっと怖かった。

2014年10月3日

読書状況 読み終わった [2014年10月3日]
カテゴリ   あ行

被害者の家族で加害者の家族。
湊かなえさんの「夜行観覧車」を読んだので、この本を手に取った。
現実はもっと厳しくて、心中は割り切れない思いでいっぱいだろう。どのような感情にも、応援する人も非難する人も現れるんだろう。

2014年10月3日

読書状況 読み終わった [2014年10月3日]
カテゴリ   あ行

昔恋した人の現在を知るのは勇気がいること。

2014年10月3日

読書状況 読み終わった [2014年10月3日]
カテゴリ   は行

風俗業の是非はともかく、健常者の受けられるサービスのすべてを障害があっても受けられる社会がいいんだろうな。

2014年10月3日

読書状況 読み終わった [2014年10月3日]
カテゴリ   あ行

料理研究家の人でもけっこうラーメンを食べてるんだなと変なことに感心した。
忙しくて肩に力が入っている時に、力を抜くことを思い出させてくれる本。

2014年10月3日

読書状況 読み終わった [2014年10月3日]
カテゴリ   た行

続きが待ち遠しいシリーズ。
ジェマとキンケイドがお互いを思いやり、ぎこちなく距離を縮めながら暮らしていくのが、とても好き。

2014年10月3日

読書状況 読み終わった [2014年10月3日]
カテゴリ 海外の作家

内田さんの本でどんどんイタリアに興味がわいてきた。
街の生活、田舎の景色、食べて飲んで、明るくておせっかいで気難しくておせっかいな人々。
暮らすように旅してみたくなる。

2014年10月3日

読書状況 読み終わった [2014年10月3日]
カテゴリ   あ行

アプローチの仕方で、本来持っているその人の姿のどの面が現れるか変わってくる。
がむしゃらに子育てして、振り返ってみるともっとこうしてあげたかった、という思いがたくさんある。
近すぎると気付けない、程よく距離のある人からの働きかけが効果があることもあるのだろう。

2014年10月3日

読書状況 読み終わった [2014年10月3日]

巡り合って良かった、この本に。
行ったことがないのに、繰り広げられる食のあれこれが、実感を伴って目に浮かぶ。
保存版にして時々取り出して読みたい。いつかサルデーニャにリグリアにカラブリアに行くことを心に誓って。

2014年8月24日

読書状況 読み終わった [2014年8月24日]
カテゴリ   あ行
ツイートする