プロフェッショナル・サッカー 終わりなき挑戦

著者 :
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
4

好きな言葉がたくさん。

一年目の挫折の原因は「自分だけがよければ」と思ったこと。
それに気づいてからは、「自分の持っているものを出し切ることが、チームのためになる」という考えに変わった。
監督から戦略を伝えられれば、それに従って全力を尽くし、その結果、勝手にひとりでやっても出せない個性的なプレーが出てくるようになる。
 ⇒これが、「置かれた場所で咲きなさい」の意味なんだろうな。これは、自分の考え方の根底にある。大事にしよう。

いくら試合に使われても、他の10人のプレーヤーを信頼させ、納得させないと、パスは絶対にこない厳しい世界だ。
勝つために信用のない選手は必要ないし、邪魔にしかならないというのがドイツサッカーの基本的思想。とにかく身内との闘い。
 ⇒パスを出される選手になることはもちろんだし、必要ならパスを出す相手を選べるくらいのレベルの高さにならないと。

最も大きな教訓は「自分」をおろそかにしてはいけないということだった。
鍛え、工夫し、他の選手の持っているところを盗み、それを自分のものにする努力。
さらには、他の選手が真似できない個性あるプレーをするために、徹底的に挑戦する勇気と忍耐力。
「鉄は熱いうちにうて」という言葉のように、今、思ったことは、すぐやってみることも身についた。
そこには、成功も失敗もない。打ち込むことで後悔しないで済む。強い姿勢こそ大切だ。
一歩一歩、高いレベルへ目標を置き換え、またチャレンジする。
私のサッカー人生は、それを繰り返せるから、ますますサッカーが好きでたまらなくなるのだし、面白く、楽しくなる。
 ⇒高速な実行サイクルで学び続ける。目標をアップグレードし続ける。人生がリーンですね。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年8月10日
読了日 : 2020年8月10日
本棚登録日 : 2020年8月10日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする