どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

3.44
  • (680)
  • (1809)
  • (2901)
  • (443)
  • (72)
本棚登録 : 15871
レビュー : 1440
著者 :
tyotk - 東京与太郎さん 小説   読み終わった 

加賀恭一郎シリーズは実験場。     

犯人を明示しない、という点で斬新な試みを用いた作品。証拠は提示されており、論理的には犯人がわかる仕組みになっているが、トリック好きのミステリー好きには良いが、トリックも含め楽しもうと言う向きには消化不良な感じもある。

しかもあの証拠は決定的な証拠といえるのだろうか。自白程も確証が無いような気がする。

2010/05/11、読了。文京図書館から借用。

レビュー投稿日
2010年5月13日
読了日
2010年5月8日
本棚登録日
2010年5月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする