ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

3.58
  • (177)
  • (319)
  • (489)
  • (43)
  • (13)
本棚登録 : 3329
レビュー : 324
著者 :
木谷りこ★さん エッセイ・コラム・評論   読み終わった 

動物のサイズが、いかにその生き方に深い影響を与えているかを考える本。

生物学を含む理系のあれこれにとんでもなく疎い私、知識を身につけることにはほぼ意味がありません……。

ですが、生物・動物の生態学に関心を持つと、地球人類としていかに生きるべきかのヒントを得られることに気づきました。

人間同士でさえ、同じ生き物と思えない時間感覚の違いに悩まされることがありますが、これだけスケールの異なる生物に触れたあとでは、ゆったり構えられるのです。

私たちはみんなそれぞれ、目には見えない時計に従っている。体の深部に、違った時間軸を持っている。

自分の独特すぎる尺度を人に押しつけず、相手の時間軸を尊重できるといいよな、と思います。

レビュー投稿日
2018年2月12日
読了日
2017年1月23日
本棚登録日
2017年1月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学...』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする