タネはどうなる?!: 種子法廃止と種苗法適用で

3.55
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
著者 :
小瀧 隆仁さん  未設定  読み終わった 

1
元農林水産大臣の人が、去年の4月に廃止された種子法に関して書いた本です。TPPにも関連の強い話でした。種子法の廃止はモンサントのような多国籍企業が日本の農業を独占しやすくするものです。それの何が問題かというと、この会社の種子で作った作物での健康被害が多発して危険だということです。

種子法の廃止については多くの人が知らないことだと思うので、できるだけ多くの人に読んでもらいたいです。

本を読むのが苦手な人は著者の方が講演されている動画もあるので、そちらを観ていただければと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=bqyojgPquWE

レビュー投稿日
2019年1月14日
読了日
2019年1月14日
本棚登録日
2019年1月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『タネはどうなる?!: 種子法廃止と種苗法...』のレビューをもっとみる

『タネはどうなる?!: 種子法廃止と種苗法適用で』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする