ハチミツとクローバー 8 (クイーンズコミックス)

3.77
  • (663)
  • (275)
  • (1121)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 4497
レビュー : 252
著者 :
小鳥遊ひよのさん 漫画   読み終わった 

野宮匠 青春スーツ再装着!電話を切って鳥取から東京へ向かうシーンも好きだし、
「だってさ ずっと 見てきたんだ 君が そうやって いつも 真山ばっかり 見てるから 気がつかなかった だけでさ」
このシーンも甘酸っぱくて最高!

「優しくしあう事を許されたのだ」
ここの山田の表情よ。この微笑みから混ざり合った深い感情が伝わってくる。
理花のシーンはいつも霧雨の音が鳴っていたような気がしてた。
「頼むよ ちゃんと生きようとしてくれよ」
理花に向き合い続けた真山の叫び。真山だから止められたんだろうな。

「今 お前の隣にいるその男が どうか お前を明日へ運んでくれますように」
花本先生のこの願いも切なくて苦しくなる。どんなに大好きでも、祈っていても、希望を誰かに託すしかない時もあるんだと。

レビュー投稿日
2019年10月30日
読了日
2019年10月30日
本棚登録日
2019年10月30日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ハチミツとクローバー 8 (クイーンズコ...』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする