咲 Saki (11) (ヤングガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス (2013年4月25日発売)
4.02
  • (42)
  • (31)
  • (25)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 727
感想 : 10
3

全国大会2回戦の大将戦。末原の言う通り「怪物の見本市」だったね。「相手が怪物なら凡人に出来ることは『考える』ことや 思考停止したらホンマの凡人」という言葉が好き。
そこに咲が自分の能力を使いながら、石戸の絶一門と姉帯の先負を受けきって利用するというのがすさまじい。そのからくりにもしっかり気づく末原もさすが。勝とうと思って麻雀をしても勝てなかったと感じた咲。試合に勝って勝負に負けたというか。そこをお互いにどう対策するかが鍵になってきそう。それにしても末原のサインがガタガタで笑ってしまう。

中盤では阿知賀編とリンクするシーンもあってよかった。咲が姉と会うために決勝を目指すように、和にも決勝を目指す理由が「長野に残るため」以外にもう一つ増えたのが熱いね。でも、メンバー順からすると和の相手は面識がない灼になるのかな?まあ、咲と照も直接対決はないんだけど、できれば三人の内の誰かとやってほしいところではあるね。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 漫画
感想投稿日 : 2020年3月28日
読了日 : 2020年3月28日
本棚登録日 : 2020年3月28日

みんなの感想をみる

ツイートする