昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか

3.18
  • (3)
  • (11)
  • (18)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 190
レビュー : 29
著者 :
小凛さん 2018   読み終わった 

「むかしむかし、あるところにお爺さんとお婆さんがいました」で始まるのがほとんどの昔話。なぜ昔話では、老人がこんなにも活躍するのか?
昔話や古典文学を読み解くと、「老人」知られざる実態が見えてくる。

年老いてなおあくせくと働き、時には厄介者として山に捨てられてしまう・・・決してお話の中だけではなかったようで。お年寄りは敬い大事にするものとした考えが割と新しいものだと知り愕然としました。さらに、老いは醜いと蔑まれバカにされていたとは・・・日本人は昔から若い女性(男性も)の方がもてはやされていたんですね。
ただちょっと、私の思ってた内容とは違いました。もっとお伽噺をメインに考察するのかと思っていたのですが、源氏物語とかの方が多かったです。

レビュー投稿日
2018年7月17日
読了日
2018年7月17日
本棚登録日
2018年7月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なの...』のレビューをもっとみる

『昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか』に小凛さんがつけたタグ

ツイートする