高松宮同妃両殿下のグランド・ハネムーン

2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
著者 :
kotwica kotkaさん その他   読み終わった 

1930年4月から417日、訪問国欧米24カ国、
帝の弟君高松宮伝家と最期の将軍の孫娘である喜久子妃殿下の
グランドハネムーン。

侍女として随行した山木たけさん(って、フォークデュオふきのとうの山木さんの伯母上にあたる方なんですね)の持ち帰った
ホテルのラベルが美しい。
そしてこの山木さんは「本当のサーバント」として、
そのラベルを誰かに見せるでもなく、
当時の話をするでもなく、一生を終えたそうだ。

旅のエピソードも楽しく読んだけど、山木たけさんの存在に
魅かれた。

レビュー投稿日
2012年11月21日
読了日
2012年11月16日
本棚登録日
2012年11月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『高松宮同妃両殿下のグランド・ハネムーン』のレビューをもっとみる

『高松宮同妃両殿下のグランド・ハネムーン』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする