空き家課まぼろし譚 (講談社ノベルス)

3.35
  • (6)
  • (23)
  • (34)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 161
レビュー : 36
行さん  未設定  読み終わった 

舞台設定とストーリーは魅力的なのに、キャラが全てをぶち壊している印象。特に主人公が終始情けなく、小学生に日常的にやり込められ優柔不断で、しかも発揮しなくていいところだけ野次馬根性を発揮するので読んでいてイライラ。また小学生とは思えない精神年齢のヒロインとあいまって、かみ合わないモヤモヤ感が最後まで拭えなかった。
ベニスのような運河が生活に根付いた街。その街に佇む洋館やそこに暮らす人々の謎を解き明かすという、設定だけ聞いたらいくらでも極上のミステリーに仕上げられそうなだけにとても残念な作品だった。

レビュー投稿日
2015年3月30日
読了日
2015年3月28日
本棚登録日
2015年3月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『空き家課まぼろし譚 (講談社ノベルス)』のレビューをもっとみる

『空き家課まぼろし譚 (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする