愛するということ 新訳版

4.12
  • (409)
  • (306)
  • (220)
  • (21)
  • (11)
本棚登録 : 3615
レビュー : 360
制作 : Erich Fromm  鈴木 晶 
kouhei0210さん 最近読んだ本   読み終わった 

名著であると思う。今まで読んだ本の中でも
最高ランクに値するくらいのいい本だと思います。
少し、難解な部分もありますが、久しぶりにひとつの
本を繰り返して何度か同じ部分を読み理解し進めて
いけば理解できる、というかそういうふうに読みた
くなる本だと思います。
愛は技術であり、能力である。よってそれを得るには
習練が必要であり、論理が必要である。
愛することの基盤は、内的能動、つまり自分の力を
生産的に用いることである。愛は能動である。
そのほかすばらしい文書。言葉がたくさんある。
何度も読んでみたい本です。
周りの方々へ、これを機に、今から私が愛について
滔々と論じはじめても温かくみまもってください。

レビュー投稿日
2014年5月11日
読了日
2014年5月11日
本棚登録日
2014年4月29日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『愛するということ 新訳版』のレビューをもっとみる

『愛するということ 新訳版』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする