日米開戦の正体――なぜ真珠湾攻撃という道を歩んだのか

3.98
  • (11)
  • (19)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 158
レビュー : 16
著者 :
kouhei0210さん 最近読んだ本   読み終わった 

わりと長かった。
第2次世界大戦。太平洋戦争。日中戦争に至るまでの
日露戦争からの政治や軍部、マスコミの詳細な
動き(歴史)が語られています。多分、物事の見方は
ある一方からに偏っているかもしれませんが
ここまで詳しく語られているものは初めて読んだ
気がします。
第1次世界大戦・対華21カ条・満州事変・三国同盟・満州国設立・連盟脱退・真珠湾
それぞれのポイントで引き返す道はあって、それを
なぜ選択できなかったか。。
今の日本の状況と重なる部分が多くあるような気が
どうしてもします。

レビュー投稿日
2015年7月18日
読了日
2015年7月18日
本棚登録日
2015年6月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日米開戦の正体――なぜ真珠湾攻撃という道...』のレビューをもっとみる

『日米開戦の正体――なぜ真珠湾攻撃という道を歩んだのか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする