プロパガンダ・ラジオ: 日米電波戦争 幻の録音テープ (単行本)

4.45
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 7
著者 :
kouhei0210さん 最近読んだ本   読み終わった 

面白かった。太平洋戦争時の日米の対外向け
ラジオ番組の内容(過去のテープ)から
お互いにどういうプロパガンダをやっていたのか
という取材に基づいた内容。
著者はNHKの人で、報道にかかわる人が
戦争に向かう時、戦時中、どういう構造でどういう
放送を実施したのかということを丹念に取材して調べた
内容で、読みごたえのある内容だと思いました。
とてもよかったと思います。

レビュー投稿日
2014年10月7日
読了日
2014年10月7日
本棚登録日
2014年9月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『プロパガンダ・ラジオ: 日米電波戦争 幻...』のレビューをもっとみる

『プロパガンダ・ラジオ: 日米電波戦争 幻の録音テープ (単行本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする