入社1年目の教科書

3.88
  • (497)
  • (836)
  • (512)
  • (74)
  • (20)
本棚登録 : 6053
レビュー : 898
著者 :
kouheiokasujiさん  未設定  読み終わった 

「入社一年目の教科書」、今回新しい職場に就くことになったので、原点に立ち返ろうと思い再読しました。

入社一年目、とはタイトルにありますが、社会人になって何年も経った人にこそ(自分も含め)読んで欲しい一冊です。

社会人になって何年も経つと、自分では「わかってるよ」という事でも、慢心により出来てなかったりします。

例えば、

・頼まれたことはやりきる
・朝の挨拶はハキハキと
・つまらない仕事はない
・メールの返は24時間以内
・叱られたら意味を見出せ
・仕事は盗んで、真似るもの
・etc...

など、出来て当たり前だけど忘れがち、そして新たな気づきになる50の指針が書かれています。

岩瀬大輔さん自身の体験談やこれまでの経験からのアドバイスなど、社会人や組織の中で働くにあたっての行動指針になると思います。

社会の暗黙のルールは自分で気付かなければ意外と誰も教えてはくれません。

自分自身で行動し、成長していくために必読の一冊と言って間違いないと思います。

レビュー投稿日
2018年5月18日
読了日
2018年5月18日
本棚登録日
2018年5月18日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『入社1年目の教科書』のレビューをもっとみる

『入社1年目の教科書』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする