二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)

3.73
  • (40)
  • (69)
  • (60)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 454
レビュー : 70
著者 :
kowaretaiさん  未設定  読み終わった 

西村賢太の作品は、『苦役列車』に続いて2作目だが、本当に面白い。貫多の酷さは『苦役列車』を上回っている。せっかく雇ってくれた酒屋の店主を裏切るわ、好意的に接してくれた家主の老夫婦をナメて家賃を滞納し、挙げ句催促されると逆恨みして、孫娘を犯すと呪詛の言葉を吐くわと、きりがない。本当にどうしようもないやつで、下品極まりない表現ばかりだがそれが最高に笑える。やっぱり西村賢太の小説は面白い。

レビュー投稿日
2019年7月8日
読了日
2019年7月8日
本棚登録日
2019年7月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする