夜のピクニック(新潮文庫)

3.85
  • (9)
  • (11)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 170
レビュー : 16
著者 :
kowaretaiさん  未設定  読み終わった 

自分の高校時代は、彼らとは違って親友と呼べる友達もいなかったし、クラスの端にいるような人間だったから、文化祭や体育祭などの行事も心から楽しめなかった。だが、彼らの、高校生活という「今」を惜しむ気持ちは手に取るようにわかった。

当時はくだらない、つまらないと思っていた授業や行事も、そしてもちろん唯一楽しかった部活も、今にして思えば貴重な人生の一部だと感じる。

この本は、そんなふうに自分の青春を思い起こさせてくれた。同級生と過ごす非日常の、あのなんともいえない感覚。まさに祭りのように、長いようで一瞬で、終わってみると寂しくなるあの感覚を、そのまま表現している。すごい。

レビュー投稿日
2019年7月21日
読了日
2019年7月21日
本棚登録日
2019年7月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜のピクニック(新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『夜のピクニック(新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする