怪談えほん (3) いるの いないの (怪談えほん3)

4.00
  • (161)
  • (208)
  • (102)
  • (20)
  • (6)
本棚登録 : 1379
レビュー : 330
著者 :
制作 : 東雅夫 
紅茶さん 児童書/絵本など   読み終わった 

とても雰囲気のある絵と話しにページをめくる度にゾクっときた。
絵の構成も良く、視点を上から見たり、下から見たり、引いた絵の次には、アップがきたりと、映像のような画面構成で、薄暗い部屋の怖い雰囲気が随所に出ていた。
また、おばあさんの家にいる沢山の猫たちの内1匹は、必ず読者と視線が合うようになっていて、そういった細かい部分の怖さの演出も面白い構成だと思った。
話はまさしく、いつもの京極さんの話しという感じで、曖昧さの中にある怖さが、読んでいる内にジワジワっときた。

レビュー投稿日
2012年8月29日
読了日
2012年8月29日
本棚登録日
2012年8月29日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『怪談えほん (3) いるの いないの (...』のレビューをもっとみる

『怪談えほん (3) いるの いないの (怪談えほん3)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする