炎と怒り――トランプ政権の内幕

3.46
  • (10)
  • (24)
  • (23)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 291
レビュー : 41
kpumlibさん Book Review   読み終わった 

本書は、トランプ大統領の就任から約1年半という期間における、ホワイトハウスにおける筆者の取材に基づいて執筆されている。
 最初、大統領当選が確定的になり、予想もしない結論に「幽霊を見たような顔」あるいは「恐怖にかられた表情」になるトランプが描かれる。「大統領選挙で接戦を演じた敗北」を選挙後に自分の商売に利用して利益を得ようと考えていた男が大統領になってしまったのだ。この本に描かれるその後のホワイトハウスでの日常も無茶苦茶である。これで国家が保てるのかと不安を通り越して戦慄を覚える。他国のこととはいえ、アメリカに依存せざるを得ない日本にとっては、深刻な気持ちにさせられる一冊であった。

レビュー投稿日
2018年10月23日
読了日
2018年10月23日
本棚登録日
2018年10月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『炎と怒り――トランプ政権の内幕』のレビューをもっとみる

ツイートする