季節は冬に。
 色々ヤバかった坂本さんは有名どころに就職が決まり、恋人ができ、時とともに色々変わっていくのだと思う凪。
 LIMEのアカウントは消され、我聞はアカウントは消されてもトークは消えねえんだぞとばりに、そのトーク画面を見つめる。
 市川円に声をかけられ、どんどん盛り上がる我聞に、ちょっと笑ってしまう。まじかあ、あんだけグダグダしといて円になびくの早えなあ、まあでも人によって傷ついた心は人でしか癒さないというしなあ、我聞ただ1人が立ち止まってるのもよくないよなあ、と思いつつ。
 みすずがつぶやく、"悪い意味でこなれてきた感じがする"、そうそう、調子付いてきたときが一番こわい。
 市川円からメッセージがきたので、我聞は消した。凪とのトーク履歴を。
 もうこいつなんて要らないと。
 やっと歩き出せるんだなあ、我聞は。
 ぬか漬けとか、自分の会話とかで、母とだぶつくことに気づき、愕然とする凪。
 精神的虐待をされた子供と似ている、と凪と母親を見るたび思う。
 子供の意思を無視し、親の望む言葉を吐くように囲い込む。
 機嫌を悪くすれば子供は怯え、親の望む言葉を吐き出すだけになる。
 吉永さんの家に逃げ込む凪。

 飲み会帰り、タクシーの中で、円にちょっかいをかけ、円はそれに反応をする。
"手練れとる、話が早くてエローい"やったとばかりに。良かったね、両思いだよ、恋人同士だ。
 ラブホで一夜を明かしたっぽいシーンが導入され、円もまあ報われた?のかな?と思う。

 母の、大島夕の気持ちの悪い一日が切り取られたシーンが挿入され、げんなりとする。
 彼女も、実の母(つまり凪の祖母)から逃げ出したくて、でもできなくて、っていう、まあ、被害者といえば被害者という書き方がされ、ふ、と笑う。
 人の悪口がとめどなく溢れる。
 自分の悪口、相手の悪口、それらがみんな垂れ流しな田舎。
 そうした中、"そこらのおばはん"に"馬鹿にされた"から、恋人に会わせろと電話をかける夕。
 凪は慌てる。ママさんに親との関係性がおかしいと指摘され、根本的に見つめ直しが必要だと指摘され、まあそれはともかく恋人の代役を立てる必要があるとなり、店の客である桃園に白羽の矢が立つ。
 桃園はなんだかんだとレジュメまで作ってくれ、出来る男、相変わらず悪口多いけど。ははっ。

 チャオッコフーズの社長さん・五十嵐さんとようやくこぎつけた仕事の話、これが終わりホッとしたところ、そこで凪が恋人を親に会わせる必要があって代役を立てるという作戦がうんちゃらというのを聞く我聞。
 親の話やらなんやら聞かなかったなあ、と思いながら、円が走り寄ってきたので凪のことを打ち消す我聞。
 わざわざこう、何度も凪の影がみたいな感じで挿入してくるのは、なんやかやよりを戻すという前兆なんだろうかとモヤモヤしながら読み進める。

 そして決戦の日。
 ばばどものグダグダグズグズ。
 うはあ、気持ち悪っ。
 すごく、気持ち悪い、けど、分からなくもない、この空気、雰囲気。
 そして、凪もその波に飲まれる。
 仲良しだった、今回の主役の花嫁の悪口を吐き出す。
 夕はとても、喜ぶ。自分の望む言葉が紡ぎ出されるから。
 自分はそんなこと言うもんか、貴様らと違うって感じでいるがために、凪を、娘を、巻き込む。
 ああ、なんて気持ち悪い親なんだろうか。
 でも、こんな毒親がそこらにいるのも事実。
  早く来い桃園、からの、なぜか、我聞が、きた。
 は??ってなった。
 しかもそこで幕引き、次巻へ続く。
 おまえ、我聞、円といちゃこいて、凪なんて知らねってなったんじゃないの。つか、円を裏切ってんなよ。
 ぞわぞわした。桃園が遅れた理由も不明だし(ま...

続きを読む

2019年9月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年9月16日]

 澤村伊智さん原作"ぼぎわんが、来る"のコミカライズです。
 第二章"所有者"をまるまるコミカライズです。
 原作よりも秀樹の傲慢ぶりが出ていて、思わず笑ってしまいました。
 次が最終巻(のはず、流れ的に、一章一冊ごとにしているみたいなので)、買うか悩み中です。
 なんやかや文句を言いつつ二巻まで買ってしまいましたが、やっぱり絵が合っていないなぁとモヤモヤしてしまうので、次は買わないかなあ。もしくは漫画喫茶で読んで済ますか。

 風邪のパートを入れても良かったんじゃないかなとぼんやり思いつつ、知紗を抱き上げてぐだぐだやる部分ですでにイクメンぶった屑なのは周知の事実であることがわかりますし、そこまで広げなくても良いのだと判断されたのだと思います。
(逆にそれを入れると漫画だとながながしくなるし良いと思いました)
 原作だと香奈が子宝温泉に浸かりに行った際に、実は琴子と出会っているのですがーーそこがない。
 また、秀樹がパパ友仲間たちの妻と不倫しているという部分もばっさりカット。
(この部分、より秀樹の屑さが引き立つので、個人的には残しておいて欲しかったんですが、まあページの都合上なくされたのでしょう)
 そういえば序盤での秀樹の実家でのぐだぐだ(香奈のせいで秀樹が死んだ云々的なアレ)もカットされてたなあ。まあいいんだけど。

2019年7月25日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年7月25日]

 澤村伊智さん原作"ぼぎわんが、来る"のコミックス版。
 とりあえず、絵が……その、雑っぽく見えてしまい、げんなりとしました。
 第一巻は、第一章"訪問者"をそのままそっくりおさめたもの。
 だいぶ端折っています。
 たとえば、"ぼぎわん"が"ちさ"の名前を使って、田原秀樹を呼び寄せようとした部分で、小説だと知紗に何かあったのか、妻である香奈に何かあったのかと若干の心配をしつつ、会社の出入り口に向かって、高梨に話をしながら、
「まだ、知紗の名前は、誰にも告げていない」
(無事に産まれてからみんなに報告しようと、香奈と示し合わせていた)
ということに気づき、首をひねり、そうして、高梨の腕がーーという流れで。
 漫画版ですと、"ちさ"の名前を告げられた時点で不審な面持ちをあらわにし、出入り口に向かい、そこで原作のように"まだ誰にも告げていない、無事に産まれてからみんなに報告しようと示し合わせていた"というモノローグが流れるのです。
 秀樹の傲慢で愚鈍な部分が微妙に削がれて、ええ、そんなん?ってちょっと疑問に思いました。
 また、高梨が痛がっているように見えなくて、あの原作で垣間見えた末恐ろしさが見えず、拍子抜けしてしまいます。
 それはさておき、25年への歳月を経て"ぼぎわん"が秀樹の元を訪れ、それにおののいた秀樹は暗中模索します。
 お祓いでもしようか、でもうさんくさいなぁ、とか思っていた最中、中学時代の同級生・唐草が民俗学を専攻していたことを思い出し、彼と連絡を取ります。
 そうして、オカルトライター・野崎、そして霊能者である真琴との縁ができる秀樹。
 家族に優しくしろと言われ憤り、とっとと帰るものの、幾日かあと、野崎と真琴が訪ねてきて再び色々調べ始めるようになります……。
 と、まあ、流れは原作と同じなのでそれはそれ、ネタバレレビューなどで検索すれば出てくるので、そういった流れに関してはここで終わりにします。

 それにしても、人気が出たからなのか、コミカライズもされるとは、えらいびっくりです。映画化してからのコミカライズ、ですよね。流れ的に。
 しかしまあ、ホラー漫画ってむつかしいですよね。
 "悪の教典"はホラー漫画というよりサスペンス漫画ですか、"リング"とかみたいにおどろおどろしさが欲しかったなぁ。
 今や休刊となってしまったホラーMだとか、レディースコミックになってしまいますが本当は怖いグリム童話シリーズとか、そっち関係の漫画家さんに描いてもらったほうが、もっとおどろおどろしかったのでは……と。
 たとえば、児嶋都さんだとか、外菌昌也さんだとか、蕪木彩子さんだとか、稲垣みさおさんだとか。
 今市子さんやいなだ詩穂さん、烏山英司さんも合っている気がします。
(御茶漬海苔さんや犬木加奈子さんや日野日出志さん、伊藤潤二さんやうえやま洋介犬さん、押切蓮介さん、関よしみさん、高橋葉介さん、西川淳さんや三家本礼さんあたりはちょっと違う)
 勿論、おどろおどろしすぎない漫画家さんもいますよ。個人的に好きな、大橋薫さんや楠桂さんとか。
 でもなんかなぁ……"恐ろしさ"が欲しかった自分にとっては、なんだかなぁ、という感じです。

2019年7月25日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年7月25日]

 藤原竜也さん主演で映画化し、えらいCMで推されていたので、ググったら原作は小説で漫画版も出ているとあり、試しにヤンジャン!アプリで3巻まで無料という宣伝文句を見つけて試し読みし、まあ既刊購入までしちゃいました。
 漫画版と原作の小説版と映画版で展開が違い、映画はまだ観ていないのですが(動画サービス展開されるまで待つか映画館に行くか悩んでいる最中)個人的に漫画版のほうが好きかな……。
 救いがあって。
 原作では死んだ人間が、漫画版だと生きているんですよ。かつ、原作にはいないキャラクターがいい味出してるw
 で、性格的にけっこう好きなひとたちだったので、原作ではどっこいあっさり殺されてハァーン!?ってなっちゃいましてね、だから個人的に、漫画版は好きです。
 多少画力に荒さはあれど、それは今後成長していくでしょうし。
 あと、ボンベロの過去がきっちり描かれるのも、漫画版ならでは。
 悪役の過去とかイメージ崩れる!みたいなの、ありますけどね、それはまあほら一切合切何もかもを闇に帰すほどの悪役に実はこんな過去が、ってあるとえぇーーってなりますけども、ボンベロは一応、カナコと関わっていって、徐々に人間らしくなっていっている最中って感じなので、イメージが崩れるとかそんなんは無いかなぁと。
 スキンも壮絶な過去がありましたし。
 あっあと、漫画版だと色々な料理を出してくれるボンベロなんですが、原作だとハンバーガー一点のみで勝負しています。

 炎眉の名前、なんでエンビなのかなぁとか思っていたんですが、カオスとアンヘルの物語の際に、エンヴィーって書き方になっていて、あぁ嫉妬のEnvyから取ったのかな?とかぼんやり。

2019年7月25日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年7月25日]
読書状況 読み終わった [2019年7月25日]

 TSUTAYA店頭でポータブルDVDみたいなやつで宣伝していて、何やらおもしろそうと思ってレンタルした一作。
 とりあえず言いたいのは、色々詰め込み過ぎてあんまりおもしろくなかった。
 ヒキニート(か、フリーターかは不明瞭だが、引きこもりみたいなことを主人公本人はぼやいていたから、ただの引きこもりなんだと思う)が実は世界でも有数のハッカー(Notクラッカー)でした、何年か前におこなわれたハッカー大会で負けかました人間が色々裏稼業で働いていて一緒に仕事しないかと誘われました、その裏稼業で働いている人間の相棒である女性にときめきました、うんたらかんたら。
 ちなみに、ハッカー大会なるものは実際にあります。
(わたしはさすがに参加したり閲覧したりしたことはないけれど、ニュースもろもろで名前やおこなう意義的なものはなんとなく知っている)
 まあ、優秀なハッカーは得てしてセキュリティのプロであり、セキュリティプログラムを組んでいる会社や諸々が自分たちの部門に招き入れる、というのは有名な話。
 詐欺師がFBIやらに雇われて、詐欺のパターンが判明したりとかね。
 主人公のぼやきじみた説明が長々としていること
 引きこもりだというけど引きこもり感が出ていないこと(コミケみたいなのに行ったりしてるし、コンビニにも昼間に行っている)(まあ引きこもりはわたしの勘違いかもだけども)
 山下智久さんが敵役なんだがそんなに目立っていないこと(しかし相変わらずのイケメンでございます)
 序盤に出てきた香港の刑事だかが中盤からフェードアウトし過ぎなこと(何のために出てきた)
 裏稼業で働いているイケメンの相棒である女性が中盤でなぜか死ぬっつーこと(なんでだよ)
 裏稼業で働いていたイケメンが実はCIAとかソッチ系の刑事だったこと(突然過ぎだろと思いつつも、敵を欺くにはまず味方からともいうし、これはスリラーアクションであってミステリじゃないから妥当っちゃ妥当なのやもしれん)
 とか。
 とりあえずツッコミが追いつかない。
 詰め込みすぎだ。

2019年7月6日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2019年7月6日]
読書状況 観終わった [2019年7月6日]

 ニーアム・リーソンさんなので推して知るべしと言うか展開が読めなくもないと思いつつ、観たい作品メモに名前があったのでレンタル。
 物の見事に、そう言う展開でした笑

▼ネタバレあり感想ブログ
https://www.google.co.jp/amp/s/hm-hm.net/suspense/%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%259F%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B3/amp

2019年7月4日

読書状況 観終わった [2019年7月4日]
読書状況 観終わった [2019年7月1日]

 NHKで一時期放映されていた『グースパンプス』というドラマ仕立ての作品を思い出し、思わずTSUTAYAでレンタルしました。
 どうやら二作品目の模様。
 ジャックブラックさんがいてびっくり。どうやら一作目から出ている模様。ほぇー。
 二十歳に満たない長女に弟の面倒を押し付けるシングルマザー……しかもコロンビア大学だかを目指しているっていう長女に対してこの仕打ちはちょぅとないだろ……。
 と、コメディホラー感がない状態からの始まりでちょっとげんなり。
 弟くんと親友くんの共同個人経営会社(海外ではレモネード屋台だの小さな時分から開催開発してお小遣い稼ぎをするそうな)に連絡が入り、古びた家屋にて色々探す中で隠し通路を見つけ、おかしな箱を見つけ、変なメモを見つけ、変な呪文を唱え、変な人形が出てくる、そして……。
 ところどころちょっと笑ったんですが、エンジンの掛かりが遅かったかなあ……。

2019年7月1日

読書状況 観終わった [2019年7月1日]

 Booklive!にて1巻のみ無料キャンペーン対象だったためダウンロードしてみました。
 ヴァンパイアの少女とその従者によるお話。
 詳しくはWikipediaに記載があります。

 背景が白いなぁ……と感じました。全体的に。
 あとは暗い場所だからかベタ塗りが多いなあ……と。
 まぁ、話し合いの長い展開が多いので、わざとそういう風にしているんだろうなぁというのは感じましたが、ちょっと気になってしまいました。
 アニメ化もしたそうです。

2019年6月24日

読書状況 読み終わった [2019年6月24日]

 Booklive!にて1巻のみ無料キャンペーンにてダウンロード。
 絵もさることながら、内容にワクワク感がないままでした。
 夢を見た主人公。必要な人間と必要ではない人間を選べ、と。
 そんな主人公はたびたびクビになるフリーター、なんやかやで25歳。
 どうやら夢の効果か、指をさしながら"バン"と呟くだけで目の前から人を消してしまえる能力を手に入れた模様の主人公。
 気に入らない奴を次々と葬り去るのだが……っていう展開なんですが、カタルシス感がなく、ふーんという感じ。
 続きが読みたい意欲が出てこないので、購入はないです。

2019年6月24日

読書状況 読み終わった [2019年6月24日]

 犬の格好をした、ではなく、犬が営むパン屋のお話。
 下ネタが挟まれ過ぎていて、読む気がなくなります。しかも自分の子供にツッコミを入れられるとか気持ち悪すぎます。
 Booklive!で1巻のみ無料キャンペーンでダウンロードしたわけですが、今後とも読みたいとは思わないです。

2019年6月24日

読書状況 読み終わった [2019年6月24日]

 『アリス殺し』の感想を探していた時だったか、とにかく『アリスで殺し』の続編だというのを知り、読むだけ読んでみようとBooklive!で購入してみました。
 井森くんの名前をふたたび読むことができて嬉しい反面、クララと言ったらわたしが知っているのは『アルプスの少女ハイジ』のクララ、とはいえそのクララすら実際のところ殆ど知らず、車椅子に乗った金髪の少女という認識くらいで、果たして今回のクララが同じクララなのか?という謎に包まれながら読み進めました。
 開始早々、OO世界という触れ込みが出てきて、ん?っていう謎に満ち、とりあえず横文字が多くてぐるぐるしてきてーー主人公たち含め、不思議な住人なのでカタカナの文字の人間がたくさんなのは仕方ないのですが、それでもまぁ、こんがらがりそうになり、自分は登場人物がどこどこ出てくる小説は苦手なんだなあと思いながら、誰が死んだ死んでないみたいな物語に突き進んでいって、あぁ、これも犯人当てみたいな感じで進んでいくんだなあとぼんやり。
 それにしても、今回、井森くんは四回?いや、三回か、死んじゃって、あれまぁ簡単に死にすぎじゃない?
(一回目は落とし穴にて彼女と一緒に死ぬ、二回目は調査中の落とし穴、三回目の落とし穴に入り込んで手紙を見つけて、の合計三回ね)
 世界線が違うとはいえーー世界線が違うからかーーほんと不思議な世界なのねっていう感じ。
 でもやだなぁ、死ぬのがわかっていて喉元に針が突き刺さるだとか首を絞められるだとかその他諸々、ゆっくりだとか苦しいだとか、現実世界ではそうそうお目にかかりたくない。
 死に際でいったら前回の『アリス殺し』のビルの殺され方のほうが酷いので、そういう意味では井森くん(殺されたのは今回はビルじゃないからね、今回は全部井森くんが殺されるって落ちだったからね)はまだましなのかなぁ。
 いやまぁ前回も井森くんの死に様は綺麗ってわけじゃなかったけど……ビルのほうがひどかったし……今回に関しては、"ビルは"死んでないしね……。
 今回のラストは、なんかあんまり釈然としなくて、もやもやしました。
 前回はざまぁwみたいな落ちだったから、余計に。
 糾弾されて終わりって、前回は人殺しをしておいて?って。鼻つまみ者にはなったけど、そんなんね、不思議の住人ならとっとと忘れちまうでしょうや。ん、いや、まだ、地球と似ているっていう物語で、帽子屋とかのトリッキーな存在はいないみたいだから、まぁ、ずっと、ねちねち言われるのか。
 とはいえ、そしたら閉じこもっていたらいいわけだしねぇ。
 物を食べないと死ぬ、とかなら、まぁちょっと買い物が厳しいかもしれんが、厳しいってだけでできない、ってわけじゃないしねぇ。困んないじゃん。
 まあ、それはそれとして。
 最後の符牒にぞわぞわ。いろんな意味で。悪かないけどね。うん。
 ブージャムやらなんちゃら、流れとしては、クララ殺し→アリス殺し、ってことよね。
 最後の若い女性は、亜理のことさね。
 そう思って、『アリス殺し』を読み直してみたら、水曜日の蒸着装置の予定なんたら、ってのが出てきていて、あーっ!って叫んでしまった。
 ただ、そのまま読み進めたら、長々とした会話劇が続き、あれ、違った?リンクしてない?からの、最後の最後、スナークは、ブージャムだった、って展開で、あぁ、うん、そういう!ってなる。

 "ホフマン"はなんか聞いたことあるなあ、くらいの人間だったので、ググったらくるみ割り人形か!ってなって、いや待てくるみ割り人形もそんなしらねぇよ、ってなるの巻。
 チャイコフスキーのクラシックのほうしか、しかも名前しか知らんっていう。
 元ネタ知っている人、どのくらいいるんでしょう。SFとかに造作の深い人なら、こんなん当たり前っ...

続きを読む

2019年5月19日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月19日]

 Booklive!にて、カドカワキャンペーンをしていたもので、今更ながら、なぜか、ドカッと買い込んでしまいました。
 10巻くらいから集めなくなって、立ち読みで終わらせるようになって、果てには漫画喫茶で読み終えるくらいになりました、そのくらいにだんだん薄れていたので、中身もだいぶうろ覚え。
 気づいたら完結していたようで、あぁ、確か、10年かそこら、だいぶ長かったなぁ、と。

 イソノマチがいて、笹山徹がいて、西園てとらがいて、……。
 みんな、どこに行ったんだろう、そんな風に思っているうちに、気づけば、物語は進み、てとらが死にそうになって、マチが上半身だけでぶっ倒れていて、笹山徹がオロオロしていて、なんというか、グダグダでぐしゃぐしゃで、でもそれがこのサイコという物語だったなァなんて思いました。

 何十年もの集大成、どうやら、雨宮一彦と笹山徹は生き残り、そのまま、生きていくようです。
 ただただ、分離した、ただの人格、されど人格、と言うことで、雨宮一彦は、生き続けることになりました。
 西園てとらのカラダで。
 劇中にもありましたが、逆浦島太郎と言ったトコロで、彼は、若い体を手にして、記憶はそのままに、生き続けるのです。
 笹山徹だけが傍観者で、多重人格者でもなく、ただの一般人だとしてーー多少の熱血漢と正義を人一倍持ったただの一般人として、生きていく。
 …………。
 とても壮大な、ひとりの、人間であって人間でない存在を生かすための、物語でした。
 えらい長く続いてしまった感覚はあれど、まあ、キチンと(とまで言えなくもない気はしますが)終わって、良かったなァ、という感じです。
 この物語の八割くらいは、西園伸二の功績であると個人的には思っているので、ウン、西園伸二が死んだ時点で物語が終わっていれば、もう少し綺麗だったかなァ、なんて。

▼▼めも▼▼
・連載は19年続いた
・田島昭宇さんは2016年8月くらいに離婚
・大塚さんが書いたシナリオでは、雨宮一彦は死ぬ予定だった。
・笹山徹が主人公となり、彼も最後には多重人格者となってしまう、というラストだった、らしい。
・そのため、大塚さんは後半くらいから多重人格探偵サイコにまったく関わらなくなったしまった
・11巻くらいから田島昭宇さんの物語へ
https://cakes.mu/posts/14535

2019年5月10日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年5月10日]
読書状況 観終わった [2019年3月29日]
読書状況 観終わった [2019年3月29日]
読書状況 読み終わった [2019年3月29日]
読書状況 読み終わった [2019年3月29日]
読書状況 読み終わった [2019年3月29日]
読書状況 読み終わった [2019年3月29日]
読書状況 読み終わった [2019年3月29日]

 BOOKOFFで立ち読みしたのだったか、もう10年以上前の話なのでうっすらと覚えているくらいで、このたび、"リング"四冊合同版がBooklive!にて値引きされていたので購入してしまい、その続きみたいな感じでついでに購入してしまいました。

2019年3月29日

読書状況 読み終わった [2019年3月29日]
ツイートする