20210820
手に収まるコンパクトなサイズが持ち運びしやすく、今の私にはちょうど読みやすかった。
写真も綺麗で、特に靄の中に佇む廃城とか美しいです。
一度はどれかに行ってみたい。
写真出典の一覧はあるけど、廃城・廃教会の一覧はなし。
ミニ解説にちょくちょく放棄したって書いてあって、放棄かぁ、と当時を想像せずにはいられない。

2021年8月20日

読書状況 読み終わった [2021年8月20日]

20210818

面白かったー
思ったよりざっくりした出だしだった。
半分…半分て。みたいな。
その後、兄はどうなったのか。
わりと長靴をはいた猫な感じだけど、こっちの方か登場人物のアクが強い。

2021年8月17日

読書状況 読み終わった [2021年8月17日]
カテゴリ 主にこども用

思ってたより重めの話で、好みでした。
笛吹きの魔法、ドラゴン、ネズミの女の子、みんな一癖あって魅力的でした。
誰が味方かわからなくて、ハラハラドキドキもして、謎が深まって面白かった。
ハーメルンの笛吹きから広がった物語、この先どうなるか楽しみです。

2021年7月9日

読書状況 読み終わった [2021年7月9日]

20210525
悪魔、幻獣、日本の妖怪も含めたトーナメント。
闇の王者決定戦だそう。

コラムが面白かった。
巻末のゴエティアの72柱の悪魔たち一覧が嬉しかった。

この中では、ベルゼブブは優勝しなかったけど、すごい能力を買われてた。

戦い方がズルいなと思うモンスターもいたけど笑、自分の特技を活かして戦ってた、のかな。

2021年5月27日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年5月27日]
カテゴリ 雑学系

20210525
面白かった。
戦いなので、ざっくりした解説だけど、わかりやすいので読みやすかった。
絵も結構良かった。
バトルシーンは迫力があるけど、コマ割り?に目が慣れるのに少し時間かかった笑

日本以外の神話や伝説、ファンタジーの中のモンスターがメイン。
日本のは別に妖怪トーナメントがあるので、そちらで。

2021年5月27日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年5月27日]
カテゴリ 雑学系

20210525
日本の妖怪トーナメント。
戦い方の特徴がわかりやすく、楽しく読めた。

都市伝説(口裂け女とか)や幽霊(小岩さんとか)は妖怪ではない、という括り。

まさかカマイタチとヌエで、カマイタチが勝利するとは…
みたいな。
でもバトルシーンをみると、なるほどなーという感じで。

2021年5月27日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年5月27日]
カテゴリ 雑学系

ここのところ手に取った中では、作れそう度が高いかも。
自分でアレンジききそうなレシピで、写真も綺麗。
後半は花束から食べる花食べられない花の一覧、ガーデニングなども載ってて、興味深く読めた。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2021年1月24日]

作ってみたけど美味しかった。
作り方もさほど難しくなく、拘らなければ、家にあるもので代用して作れる。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2021年1月24日]

20201212

簡略化したイラストはざっくりだったけど、まずまずわかりやすく、部位などの説明も特徴が簡潔でよかった。
もう少し、絵としての見応えは欲しかったかな…

いろいろなコスチュームが載っていて楽しめた。地域別とか網羅はされてると嬉しかったけど、中世は長いし、仕方ないかも。例えば、貴婦人はフランス系だけだったり。そのかわり(?)、貴族以外の幅広く取り上げられていて、巡礼者、略奪者、などのカテゴリも楽しめた。

ヨーロッパ中世の源流となった文化の衣装、アジアなどの衣装もしっかり解説があって、中世時代の世界の衣装が掴めたような気はした。

2020年12月12日

読書状況 読み終わった [2020年12月12日]
カテゴリ 雑学系

20201211
バラの花の一覧。
簡単な説明と共に写真が載ってる。

写真がとても綺麗。
花色別。
名前、花形、咲き方、用途、香織、樹高・伸長・花径がイラストや平均で見やすい。

でも花形などの説明ページがないので、こちらに知識がある前提になってるかも。どこかに載ってたかな。
とにかく、見開きにいっぱい載っているので、見比べるのに最適で、楽しい。

2020年12月11日

読書状況 読み終わった [2020年12月11日]
カテゴリ 実用系

20201211
エディブルフラワーの本(レシピ系)を一気読みの一冊。

写真が綺麗で、エディブルフラワーについての説明も多く、読んでいて楽しかった。
凝ったレシピは少なく、手軽で映えるレシピで楽しそう。

アイスキューブとか作ったら綺麗だろうな。
生クリームのホールケーキにビオラいっぱい、がとても素敵ー
花の色を統一すると綺麗だから、なんでも使えそう。

2020年12月11日

読書状況 読み終わった [2020年12月11日]
カテゴリ 実用系

20201211
エディブルフラワーの本(レシピ系)を一気読みの一冊。

家庭菜園ハーブと食用花、そのレシピ本。
見やすいし、写真も綺麗。
ちょっと育てようかなという気にもなってくるというか。

風味が載っているので、レシピ以外にも使ってみたい料理が浮かんできそう。
やっぱりハーブのレシピが多いけど、なかったら代わりに使っても美味しい食材も載ってるので、なるほどなという感じ。

2020年12月11日

読書状況 読み終わった [2020年12月11日]
カテゴリ 実用系

20201211
エディブルフラワーの本(レシピ系)を一気読みの一冊。

ちょっと特別なお菓子のレシピ。
エディブルフワラーが綺麗に映えて、美味しそう。

私の技量や好みでいけそうなのは、ゼリーとか、紅茶マフィンカラフルかんな。
エディブルフワラードリンクはどれも大丈夫そう。

2020年12月11日

読書状況 読み終わった [2020年12月11日]
カテゴリ 実用系

20201211
エディブルフラワーの本(レシピ系)を一気読みの一冊。

エディブルフラワーについてはメインではなかった。
”食用植物のコンテナガーデンの栽培”が主な案内なので、メインは野菜で、いろんな野菜の栽培についてが詳しかった。
写真よりも文章なので、じっくり読むタイプ。
コンパニオンプラントの一覧が嬉しい。

バルコニー、ルーフガーデン、窓台、それぞれの栽培テクニックの説明があって良かった。

最後に著者のガーデン案内付き。
実際のものだから割と参考になる。
庭だけど。

2020年12月11日

読書状況 読み終わった [2020年12月11日]
カテゴリ 実用系

20201209
初めてのオーケストラコンサートに行く、女の子の話。
実体験から出た話のようで、身近に感じられた。
絵も素敵だし、ワクワクドキドキが伝わってとても良かった。

男の子の話は外国の絵本であったので、それも読みたいなぁ。
(そっちを探しててこの本に行き当たったのだけど)

2020年12月9日

読書状況 読み終わった [2020年12月9日]
カテゴリ 絵本

20201209
オーケストラの仕組みの説明絵本。
ハンガリー舞曲のパート別に音源が流れて面白かった。
音は割れがちだけど許容範囲。

2020年12月9日

読書状況 読み終わった [2020年12月9日]
カテゴリ 絵本

20201202
しがない探偵とエリート刑事が義兄弟になって事件を解決する話

関係が少しずつよくなっていくのが良い。
ギクシャクしてるところがまた面白い。

第一話 過ちの報酬
猫探しの依頼を受けたがその後依頼人は

第二話 尾行の顛末
姉から弟の尾行の依頼を受けたのだが

第三話 家出の代償
家出した息子と祖父の殺害の関係は?

第四話 酷暑の証明
家で亡くなった奥様の死因は

2020年12月3日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年12月3日]
カテゴリ 東川篤哉

20201201
すっかり読むのを忘れてた、3巻目。
知らないうちにこの作家さんはほかにもたくさん書いてた。
また読んでみようかな。

逆行無効のトライアンフ
  バック・トゥ・ザ・フューチャー

依然必然のアクチュアリー
  ラブ・アクチュアリー

輪転不変のフォールアクト
  俺たちに明日はない

ストーリー的にはまぁ、面白かったです。
気になるところもあったけど、それはそれだと思えば大丈夫だった。

そういえば、グランドホテル形式のもとの映画のグランドホテル、やっぱりじわじわ好きだと思った。

2020年12月2日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年12月2日]
カテゴリ 国内ミステリ

20201201
タツノオトシゴの版画絵本。
生態がかかれてるんだけど、すごくいい感じです。

2020年12月1日

読書状況 読み終わった [2020年12月1日]
カテゴリ 主にこども用

20201201
ぞうのおやこのはなし。
こぞうが迷ってしまってさみしいところ、風にのってやさしいうたが…的な詩に絵のついた素敵絵本。

2020年12月1日

読書状況 読み終わった [2020年12月1日]
カテゴリ 主にこども用

20201125
幻獣系の事典などの比較読みのひとつ。
家にある本の大型本、の新版。

文字が読みやすくなって、古かった訳が現代風になってた。

やっぱり大型本はいいなぁ〜みたいな。

2020年11月25日

読書状況 読み終わった [2020年11月25日]
カテゴリ 雑学系
タグ

20201125
幻獣系の事典などの比較読みのひとつ。
持ってる本の大型本。

文字が小さくて、訳も古いかな。
でも表紙は好き。

2020年11月25日

読書状況 読み終わった [2020年11月25日]
カテゴリ 雑学系
タグ

20201125
幻獣系の事典などの比較読みのひとつ。

見出しの有名幻獣のイラスト
分類は地域別。
コラムあり。

とってもコンパクトで、小さめの本で見開き使ってても説明は少ない。1/4の幻獣は地図なし。
説明少なめなので、さっと印象つかむのに便利かな。
エキドナとかあまり載ってなさそうなのも載ってた。
あと、ドラキュラとは載ってないっぽい。伝承のものがメイン。

子ども向けだからかな?ウィーウィリーウィンキーもあった。ツチノコとか?

絵がイメージ違うのもあったりした。

2020年11月25日

読書状況 読み終わった [2020年11月25日]
カテゴリ 雑学系
タグ

20201125
幻獣系の事典などの比較読みのひとつ。

イラストが結構いろんな人が描いてるけど、わりとみんないい感じ。

分類は種類別。
ドラゴン系
幻獣系
合体生物系
精霊系
亜人種・妖精系
アンデット系

50音順索引付き。

コラムっぽい雑学も良かった。

2020年11月25日

読書状況 読み終わった [2020年11月25日]
カテゴリ 雑学系
タグ
ツイートする