不幸な国の幸福論 (集英社新書)

3.80
  • (45)
  • (67)
  • (52)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 529
レビュー : 79
著者 :
ksnyb294さん  未設定  読みたい 

 秋葉原で起きた通り魔事件を引き合いに、現代日本の「不幸」を考察する。
 考えない習性や幸せに対する慣れ、他者を気にする日本人の国民性もあるらしい。
 高度成長期から、バブルがはじけた後も、豊かさの幻想を追い求めてしまった日本。リッチな国の不幸な国民。
 介護・医療の崩壊につながる制度誕生のきっかけとなる郵政選挙。当時の庶民心理は戦前・戦中にも似るとの指摘。
 幸福は身分や収入でなく、自分の考え方次第であり、高齢化の時代に、自分の生きる姿勢が幸福を作ると説く。

レビュー投稿日
2018年8月5日
本棚登録日
2018年8月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『不幸な国の幸福論 (集英社新書)』のレビューをもっとみる

『不幸な国の幸福論 (集英社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする