「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する (単行本)

3.96
  • (72)
  • (66)
  • (34)
  • (14)
  • (6)
本棚登録 : 714
レビュー : 85
著者 :
ktokさん  未設定  読み終わった 

google unlimitedで無料だったのと、橘さんの本に興味があったので読んだ。

ちょっとタイトルは読書術で想像していたのと180度違った内容だったのだが、良かった。
テーマは、「知の最前線」ということで最近注目されている思考のパラダイム転換的なことについて述べてある。

- 複雑系
- 進化論(現代の進化論)
- ゲーム理論
- 脳科学
- 功利主義

特に「複雑系」の話しが自分の中ではホットトピックだ。

また、脳科学の中で述べられていた「意思」の部位の前に
生体では意思内容のための(筋肉など)準備が始まっているという事実

という話が面白かった。そうならば、意思とはなんだろう。
無意識分野が自分の思っているよりもっと大きいものであることを感じた。
(同時に非言語領域の大きさも感じた。)

何より、情報量がぎゅっと多いw
何度か読んだり、参考文献を読めばまた理解が深まる気がする。

レビュー投稿日
2019年8月3日
読了日
2019年8月3日
本棚登録日
2019年8月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最...』のレビューをもっとみる

『「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する (単行本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする