豊饒の海 第三巻 暁の寺 (あかつきのてら) (新潮文庫)

3.54
  • (145)
  • (181)
  • (409)
  • (40)
  • (4)
本棚登録 : 2118
レビュー : 181
著者 :
ku-sukeさん  未設定  読み終わった 

1、2巻で唯一自覚的に輪廻転生を見守ってきた本多が主人公となった1作。1巻で松枝清顕として登場した『生』が、勲を経て、今回はタイのプリンセス ジン・ジャンとなって本多の前に現れる。
仕事の報酬として大金を手にいれ、余裕ある生活を送るようになった初老の本多の、理性というのか、それまで自身の核であった意思の壁のようなものが崩壊した姿が無惨で、哀れに感じた。露悪趣味と思えてしまうほど、どんなに些細な醜い心のうちや弱さ、慾望まで光を当てて曝け出していて、この作者のように美学が強い人ほど、醜いものにも強く感応してしまうのかなと思った。
長く挿入されている仏教哲学も内容もあまりに深くて難解で、私はきちんと理解出来ていないと思う…。ただ、読み終わって、何か大きな力(阿頼耶識というものだろうか?)の中にいて無力な人間の儚さを感じた。
それと、この小説を書き終わった後で割腹自殺をした三島が、何かひどく壮大なことを考えながら執筆していたのだろうことは、ヒシヒシと感じられた。

レビュー投稿日
2012年12月9日
読了日
2012年12月9日
本棚登録日
2012年11月29日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『豊饒の海 第三巻 暁の寺 (あかつきのて...』のレビューをもっとみる

『豊饒の海 第三巻 暁の寺 (あかつきのてら) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『豊饒の海 第三巻 暁の寺 (あかつきのてら) (新潮文庫)』にku-sukeさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする