惑: まどう

3.58
  • (8)
  • (25)
  • (30)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 162
レビュー : 39
九月猫さん アンソロジー   読み終わった 

「迷う」から「惑う」を読んで「迷惑」完成(笑)
加納さんのお話は『トオリヌケキンシ』系。
あなたはあなたのままでいいんだよとそっとエールを送る。じんわり。
いつも楽しみの光原さん、今回はマヨイガ三題。
確かにお菓子の家もマヨイガ的だわとおもしろかった。
思わずうるっとした矢崎さんのお話が一番好き。
結果は変わらない、だけど、旅立つ人にとってなんて優しい“誤差の範囲”。
「迷う」と「惑う」。似た意味の2冊だけど、こちらのほうが凝った(凝りすぎた)作品が多い印象。
アンソロジーとしては、私は「迷う」のほうが好みだった。

レビュー投稿日
2018年1月19日
読了日
2017年10月18日
本棚登録日
2018年1月19日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『惑: まどう』のレビューをもっとみる

『惑: まどう』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする