アンソロジー おやつ

3.44
  • (20)
  • (41)
  • (65)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 616
レビュー : 69
九月猫さん アンソロジー   読み終わった 

おやつの記憶って幸せ感を伴っているものが多い、ような気がする。
このおやつについてのアンソロジーも文章の向こうに嬉しい顔が見えそうなものが多く、読んでいて楽しかった。

小~中の頃ハマった森村桂さん。最初に読んだのもお菓子についての本だった。
三浦哲郎さん「せんべの耳」。耳のほうが好きなお菓子があるので共感!
甘栗はぱりぱり剥きながら、が好きなので、藤森照信さん「甘栗」にも共感……しながら読んでいたのにラストでまさかの「むいちゃいました」派への転向に、同士を失った気持ちに(笑)
五木寛之さん「メロン・パン筆福事件」。災難?いやいや、やっぱりこれは福でしょう。と思うものの、次々届くメロンパンを受け取る五木さんを想像すると、申し訳ないけれど笑ってしまう。

「おやつ」という言葉の幅広さを感じる一冊。
個人的には「おやつ=甘いもの」が幸せ感MAXなのだけど、スナック菓子だっておせんべいだって、それこそさきいかだっておやつですものね。

レビュー投稿日
2014年4月14日
読了日
2014年3月21日
本棚登録日
2014年3月28日
17
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アンソロジー おやつ』のレビューをもっとみる

『アンソロジー おやつ』のレビューへのコメント

円軌道の外さん (2018年1月29日)

九月猫さん、遅くなりましたが、
たくさんのポチとコメントありがとうございました!
僕の本棚の斉藤由貴『情熱』にも、
小室哲哉論や思い出を書いているので
そちらもまた御覧ください。

昨日今日は完全オフ日なので
こたつむり(悪魔の発明品、こたつと同化した怪人です)に変身して、
ブクログ三昧、至福の時です(笑)

我が家の愛猫ヤミクロが生きていた頃は
首までコタツ布団にくるまって
ヤミクロとどっちが家事するか
毎日喧嘩してたな~(笑)

それにしても真っ昼間から
酒が呑めるこの背徳感♪
完全なる休日のおっさんですね(笑)


で、このシリーズ大好きです。
僕も確か『アンソロジー カレーライス』にレビュー書いてた記憶が…(笑)

それにしても、『おやつ』って、
なんと甘美な響きなんでしょうか。
九月猫さんのレビュー読んでるだけで、
ビールで膨れたハズのお腹が
きゅるきゅる鳴りだしましたよ~(>_<)

五木さんのメロンパン事件気になります!(笑)
僕は焼きイモは皮派、
みかんも皮ごとが基本だし、
食パンは耳派で白い部分より耳が好きなので、
三浦さんの『せんべの耳』も読んでみたいなぁ。

僕にとってのおやつは、
母親に唯一作ってもらったホットケーキと
食パンの耳をカラッと揚げて砂糖をまぶしたご存じのアレです(笑)

九月猫さんはおやつの思い出ってありますか?

なんかまた、今週の木曜金曜に関東では雪が降るみたいで、
今から戦々恐々です(>_<)

関西の方もまだまだ寒さはこれからのようだし、
九月猫さんも、風邪など引かぬよう、
お体ご自愛ください!

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする