パンプルムース家の犬 (創元推理文庫 M ホ 5-3)

  • 東京創元社 (2002年4月1日発売)
3.05
  • (1)
  • (4)
  • (11)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 63
感想 : 7
2

元刑事でグルメガイドの覆面調査員のパンプルムース氏と、その愛犬で元警察犬のポムフリットの探偵譚。

パディントンの作者が書いた大人向けのミステリと言うことで、ハードカバーが出た当時読んだのだけどそのときにはぴんとこなかったんだよねぇ。
暫くして文庫になったときに読み返してみたけれど、やはりぴんと来ず。で、時間をかなりおいて手付かずの話を読んでみた。うん。やっぱりぴんとこないw
コージーを沢山読むようになって印象が変わるかと思ったけど、ダメだった。ミステリと美味しいものと言う自分好みの組み合わせなのになんとも不可解だわ。
料理が美味しそうに思えない上にミステリの進行を邪魔しているような印象。
そしてエロティックな部分もバランスが悪いと言うか、なんだか邪魔なんだよね。
素材はいいのに調理法が好みじゃないってことかしらね。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 翻訳ミステリ
感想投稿日 : 2011年2月8日
読了日 : 2011年2月8日
本棚登録日 : 2011年2月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする