クオレ 愛の学校〈下〉 (偕成社文庫)

4.00
  • (6)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 9
kumapoooooさん むかし系   読み終わった 

なんというか、愛がテーマ?なんだろうけども、キリスト教の世界では、聖書とか、まぁイメージだけども、許しというよりは説教なのかな、と。ともかく説教されまくりの主人公は、何かするとねちねちと文句を言われるわけで。しかもこの文句というのが、私はこんなにあなたを愛しているのに、あんたときたらそれを分からずに、全くもう、という愚痴のようなものを、しかも押しつけがましく聞かされるわけです。でもキリスト教の(勝手にキリスト教徒結びつけてるけど)聖書とか、神様はこんなに皆さんを愛しているのに、皆さんときたら!みたいな書かれ方のような気もするし、まぁ同じなのかー、とか。総じて親が子どもに読ませたい系の本だろうかな。しかし母を訪ねて三千里の原作がここにあるというトリビアをゲットできたのがあるいみこの本を読んだ最大の成果か。

レビュー投稿日
2015年8月23日
読了日
2015年8月23日
本棚登録日
2015年8月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『クオレ 愛の学校〈下〉 (偕成社文庫)』のレビューをもっとみる

『クオレ 愛の学校〈下〉 (偕成社文庫)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする