にんじん (角川文庫クラシックス)

3.39
  • (13)
  • (14)
  • (41)
  • (3)
  • (4)
本棚登録 : 211
レビュー : 30
kumapoooooさん むかし系   読み終わった 

題名が有名ランキングではかなり上位に来るであろう、しかし実際には読まないよなランキングでも上位に来そう、なんだけども、とりあえずにんじんが何を意味しているかは割とすぐに分かった。母親と息子の関係ってのは今も昔も重要なテーマなんだろうけど、こゆのを心理学的に読み解こうとする現代医学というかカウンセリングの類とか、無い時代には、本を読んで何かを知ろうとしたんだろうか。でもってこれが名作と持て囃されるのは、そこに何がしかの共感を得る人が多いという事なのか。
しかしガキンチョの頃から銃をぶっ放すような時代を見るに、銃を規制するのと銃犯罪がなくなるのは全く関係ないっていう話か。動物を簡単にぶっ殺せなくなったのが問題という事で、銃犯罪の増加の原因はきっと動物保護団体にあるに違いない。

レビュー投稿日
2016年2月9日
読了日
2016年2月9日
本棚登録日
2016年2月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『にんじん (角川文庫クラシックス)』のレビューをもっとみる

『にんじん (角川文庫クラシックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする