月の影 影の海 (上) 十二国記 1 (新潮文庫)

4.32
  • (717)
  • (494)
  • (212)
  • (16)
  • (4)
本棚登録 : 4734
レビュー : 410
著者 :
制作 : 山田 章博 
kumarinetさん  未設定  読み終わった 

何度目かの読了。時々、読みたくなる本の一冊。これまではその度に図書館でかりてたんだけど、今回は購入した。
陽子が裏切られ、襲われ、裏切られ、誰も信じられず、ボロボロになっていく様が印象的。
それでも、なお、後半、人を信じていこうと決めるところ、実は選ばれた王だとわかるところはすごくワクワクする。上下ともに一気に読み終えた。
おそらく、前王と同じように、現代の陽子からそのままの状態できたら王の器でありながらも、それを受け入れることができずに、終わってしまってたのかも、と思う。
ボロボロになりながらも生きることを諦めなかった陽子。かっこいい。

レビュー投稿日
2013年8月31日
読了日
2013年8月31日
本棚登録日
2013年8月31日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『月の影 影の海 (上) 十二国記 1 ...』のレビューをもっとみる

『月の影 影の海 (上) 十二国記 1 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする