嘘と正典

3.96
  • (8)
  • (12)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 12
著者 :
kumasankさん  未設定  読み終わった 

「ゲームの王国」で現代史とSFという鉱脈を発見した著者の短編集。SF味が薄い物もあるが、特に最後の表題作が、共産主義の起源と冷戦下のCIAの活動をSF的にリンクさせて素晴らしい。

レビュー投稿日
2019年11月4日
読了日
2019年11月9日
本棚登録日
2019年9月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『嘘と正典』のレビューをもっとみる

『嘘と正典』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする