無題

著者 :
  • 青空文庫 (2007年12月29日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 1

大正7年10月から『東京日日新聞』に連載された、芥川龍之介の未完の小説『邪宗門』の記事を読んでの事でしょう。
海を隔てた異国の地(ニューヨークの町中)に居るはずの宮本さんが、如何にも古めかしい呼名を綴った芥川さんの新聞小説(新聞の切り抜きを人から借りて)を読み、故国(日本)を思い、感じた。
私自身は、和柄や和傘などの日本らしいものを海外で見掛けると「日本」だなぁって感じる事はある。自分が日本以外に住んでいて自国の何かを他国で見付けたならば、同じ事を思うのかもしれない。

底本「宮本百合子全集 第三十巻」新日本出版社

『「日本人」だから「日本」を思うのではない。人間だからである。総て生まれ出た者にとって忘れ得ぬ「祖国」と成るのである。』と、綴っている。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 電子書籍
感想投稿日 : 2020年1月13日
読了日 : 2020年1月13日
本棚登録日 : 2020年1月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする