Capitalism: A Very Short Introduction (Very Short Introductions)

著者 :
  • Oxford Univ Pr (2004年7月29日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 3
4

資本主義の歴史、商人資本主義からグローバリゼーションまで広く扱った書。グローバリゼーションの個所は、いわゆる「グローバル資本主義」や「グローバル社会」などと言う語の濫用を批判的に検討し、先進国の間の結びつきが強化されており必ずしも文字通りのグローバルでないことの強調や、資本主義の同質化(Convergence)には強く異議を唱えている点は、社会学者としての色が出ている。

04年出版でありながらも、2008年金融危機の本質について迫っており、その後のデフレ化する先進国の経済まで予測していた事は、本書の価値を高めるであろう。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: Political Economy
感想投稿日 : 2014年1月31日
読了日 : 2014年月
本棚登録日 : 2011年5月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする