ミーナの行進

3.85
  • (280)
  • (281)
  • (369)
  • (17)
  • (7)
本棚登録 : 1738
レビュー : 361
著者 :
制作 : 寺田 順三 
kuragenoさん 小川洋子   読み終わった 

従兄弟のミーナの住む芦屋の家に、居候することになった主人公の朋子。10代の女の子2人の交流と成長を描いているのですが、芦屋の家に住む人たちの、お互いを思いやる温かい空気に包まれた物語です。

ミーナと朋子の2人がはまる、男子バレーボール。舞台は1972年ミュンヘンオリンピックです。
喘息もちで身体の弱いミーナの、空想バレーでは、憧れのセッター猫田選手の美しくて謙虚な動き、バレーボールの奥深い魅力が、小川さんならでは、美しく表現されています。
そしてドイツ人のローザおばあさんが、主人公朋子の名前に使われている「朋」の漢字について語る台詞が印象的。
「同じ大きさで、上と下じゃない。横に並んでる。そこがいいのね。平等なの。一人ぼっちじゃないの」

芦屋の家で暮らす人たちの、お互いを思いやる優しさやあたたかさが、静かに心に響く一冊です。

レビュー投稿日
2012年11月27日
読了日
2012年11月27日
本棚登録日
2012年11月27日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ミーナの行進』のレビューをもっとみる

『ミーナの行進』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする