マークスの山(下) (講談社文庫)

3.58
  • (237)
  • (366)
  • (605)
  • (60)
  • (19)
本棚登録 : 2620
レビュー : 238
著者 :
おーい粗茶さん 小説   読み終わった 

ミステリーを書く作家は、「真相」から遡っていって謎に巻き込まれる登場人物たちを描かなければならないのだが、その登場人物たちが、いつどうやって「真相」に気が付いていくのかをご都合主義にならずに書くことは難しい。それが「都合よく」にならないようにじっくりと、というよりも作者の相当な執着心によって書かれている。実際に「真相を知らない人」たちが真相に少しずつ近づいていく、その「少しずつ」感が半端ない。

レビュー投稿日
2017年4月21日
読了日
2017年4月21日
本棚登録日
2017年4月21日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マークスの山(下) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『マークスの山(下) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする