夜明け前 04 第二部下

2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
著者 :
くるりさん 近代文学   読み終わった 

前提として、私は幕末・明治初期の時代について、特に興味はない。司馬遼太郎の『龍馬がゆく』も読んでないし、『新撰組!』などの大河ドラマも全く興味がなかった。そういう人の感想であることを記しておく。
(ちなみに、知識も小・中学校の歴史で習ったレベルしかない)


第二部(上)のレビューにも書いたが、長い。すごく長い。何度途中で投げ出しそうになったか分からない。

出版当時は、江戸から明治への変革時代について書き表した小説というものは『夜明け前』が初めてだったそうで、そういう意味での「文学作品的価値」は高かったのだろう。
しかし「物語的な評価」としては、ひたすら長すぎる。それも主人公・半蔵についての話ではなく、歴史的背景の記述や、物語の中で重要な鍵となる「国学」についての記述(特に、その歴史であったり著名な書物の内容)が非常に多い。
歴史について興味がないため、ちんぷんかんぷんなうえ、国学の内容についてダラダラ読むのはけっこう苦痛だった。コレが投げ出しかけた1番の原因。

物語としては、政治に直接関わるような人物でもない一般人の主人公が、国の行く先を案じて心を痛める。しかし、学問に陶酔する主人公は、山奥の田舎では周囲に理解されず、哀れな晩年を迎える。

歴史を紐解くなら、歴史書を読んだ方がわかりやすい。
歴史をしっかり勉強して、「明治から昭和初期当時に書かれた幕末」として読めば、それはそれで面白いかもしれない。

レビュー投稿日
2014年3月1日
読了日
2014年3月1日
本棚登録日
2014年2月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜明け前 04 第二部下』のレビューをもっとみる

『夜明け前 04 第二部下』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする