スカーペッタ (上) (講談社文庫)

3.37
  • (15)
  • (41)
  • (54)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 475
レビュー : 48
制作 : 池田 真紀子 
kurioneさん 海外ミステリ   読み終わった 

順番を間違って読んだために、少し遡ることになった。
ケイがドクタースカーペッタ、と呼ばれる懐かしさ。事件の内容は置いておくとして、マリーノが無事更生し、バーガーの下で働いていることにほっとした。お酒とたばこをやめ、正しい生活を始めた彼が、先生、と懐かしく昔のように呼び掛ける姿に、涙が出そうになった。
今回から、ルーシーとバーガーは付き合い始める。異邦人までは救いようがなかった人間関係が、この本で少し希望を持たせる。長年の読者には、特に。ローズが亡くなったことには茫然としてしまったが。

レビュー投稿日
2012年2月12日
読了日
2012年1月10日
本棚登録日
2012年2月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スカーペッタ (上) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『スカーペッタ (上) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする