オカマだけどOLやってます。

3.47
  • (12)
  • (47)
  • (67)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 259
レビュー : 60
著者 :
kuritanuさん  未設定  未設定

『私以外みんな不潔』を読んで、能町さんがどのような過程を経て女性になったのだろうと思っていたが、この本に書いてあった。
よく、物心つく頃には既に自分の性別に違和感があった、なんて話も聞くけれど、実際にはそういうパターンばかりではないということがよくわかった。能町さんは、恋愛には淡白な人だったので、余計に気づくのが遅れたのではないかと思う。自分の性認識が男なのか女なのかなんて、考えないもんね。生まれた時の性別だろうと思っている。
だから、普通に結婚して子どもができてから気付く人もいるということも納得できる気がする。なんか違うな、違うな、と思うけど、世間的にはこれが当たり前なんだから、違うと感じるのはおかしいと、自分を騙して生きてるうちに、限界がくる、という感じかな。
とはいえ、手術してもメンテナンスし続けないといけないわけで、自分らしく生きるために手間もお金もかけなきゃいけないのは本当に大変だと思う。
でも、病気や障害で、一生体のメンテナンスし続けないといけない人もいるわけで。
自分の性認識や性的嗜好には満足していて、健康であっても悩みは尽きないから、結局能町さんが別の本で描いてたみたいに、それぞれの人がそれぞれの悩みを持ち、どうにか生きてるのが世の中ってもので、LGBTの人と自分に大きな違いはないということです。
だから、同性婚も認めるべきだよ。だって、法の下での平等に反するじゃん。

レビュー投稿日
2019年5月19日
本棚登録日
2019年5月19日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『オカマだけどOLやってます。』のレビューをもっとみる

『オカマだけどOLやってます。』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする