望み

3.94
  • (130)
  • (218)
  • (119)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 1243
レビュー : 214
著者 :
kurizoh7さん ミステリー   読み終わった 

私も主人公と同じ家族構成なだけに、非常に深い内容の考えさせられる一冊でした。
ある殺人事件をきっかけに行方不明になった主人公の息子が、殺人事件の加害者なのか?被害者なのか?というところで、勝手に加害者とみなされ、マスコミなどからバッシングを浴びて、家族崩壊の危機にみまわれますが、家族としては、これまでの社会的信用を全て失い、今後、贖罪し続けることになるが、加害者としてでも息子に生きて帰ってきて欲しいという一方で、被害者として亡くなっていたほうが、息子の人間性らしく、家族の今後の社会的立場を守るという観点から言うと救われるという両極端な葛藤に揺れ動きながら、家族それぞれが、もがき苦しむという姿というのが身につまされましたね。
いずれの結果にしても、結局は家族は自責の念にかられてしまうことになるという悲しいことになりますが、そこも深いなぁと思いました。

レビュー投稿日
2016年11月23日
読了日
2016年11月23日
本棚登録日
2016年11月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『望み』のレビューをもっとみる

『望み』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『望み』にkurizoh7さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする