死神の矢 (角川文庫 緑 304-33)

著者 :
  • KADOKAWA (1976年5月1日発売)
3.26
  • (3)
  • (7)
  • (21)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 123
感想 : 7
4

金田一耕助シリーズの中編的な本のタイトルである「死神の矢」と、またしても「蝙蝠と蛞蝓」の2編構成でした。
私は「死神の矢」のみを読みましたが、なかなか奥の深い殺人事件で事件の動機(ずばり復讐)がポイントの作品でしたね。とても切ない物語でした。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ミステリー
感想投稿日 : 2016年2月23日
読了日 : 2016年2月23日
本棚登録日 : 2016年2月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする