知的生活習慣 (ちくま新書)

3.26
  • (11)
  • (45)
  • (61)
  • (24)
  • (3)
本棚登録 : 808
レビュー : 54
著者 :
kurodamaさん ビジネス   読み終わった 

 知的な生活を送る為に、日々心がけたい、そして自然とやっておきたい習慣。
 まずは頭に刺激を与えること。毎日日記をつけること。一方で、日記をつけても何かの役には立たないという。忘却するために書く。これが日記の意味であると。
 次に、計画表。これも、自身を鼓舞するもの。何もない一日なんて、悲しいじゃないかと。
 かなりご執心なのは、勉強会である。異業種交流界や、朝活的なものも流行ったが、やはりライバルやレベルの高い人との交流が財産だと感じるということだろう。この3つは、何かの形でやるべし。
 2つ目のテーマは、からだをいたわること。横になったり、脚力を確りつけたり、カラダは資本であるという名言もある通り、なによりも大切に。意識しないとつい酷使してしまい、ガタが来る。どんなに忙しくとも、いたわる時間を確保すること。
 最後は、心を豊かにすること。「生活を大事にする」良い言葉だなと思う。生活においては、勉強したり、仕事をしたり、食事をしたりする。こうした生活から、大切なことは生み出されている。勉強するのではなく、生活を楽しもう。このメッセージは、非常に有意義なものだ。つい、勉強することが目的になるけれど、実は生活をする、生活をより楽しくするために勉強するのだということを忘れがちなのである。

レビュー投稿日
2015年4月19日
読了日
2015年4月19日
本棚登録日
2015年4月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『知的生活習慣 (ちくま新書)』のレビューをもっとみる

『知的生活習慣 (ちくま新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする