なんでここに先生が!? (ヤンマガKCスペシャル)

3.74
  • (9)
  • (11)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 189
レビュー : 10
著者 :
『黒犬』の優樹さん コミック(講談社)   読み終わった 

うん、これは文句なしで好いラブコメだ
ヒロインが美人で、ストーリーの起承転結もちゃんと考えられていて、なおかつ、ちょっとエッチなハプニングが起こる
五つ星にしない理由がない。80、いや、90点代と言ってもいい
こんだけ、読み手のハートとチンコを掴んでるなら、重版がかかっているのも納得だ。私が購入したのが、第三版なので、恐らく、今は四か五版まで行っているんじゃないだろうか?
今更、言ってもしゃあない話だが、漫画読みを自称するなら、初版を手に入れたかった、いや、手に入れるべきだったな
言い訳にもならないが、ここ最近、諸事情で週刊ヤングマガジンを読んでなかったもんだから、こんなキュンと来るラブコメが連載しているとは知らなかったんだよなぁ
最初は、運が悪い、もしくは超ツイてる男子高校生・佐藤一郎が、校内で、あまりの厳しさから「鬼」と恐れられている、美人教師・児島加奈先生のドジから発生した、ラッキースケベに遭遇し、最高の目に遭った後、痛い目も見る、そんなエロコメディ
それが、ゆっくりと、教師と生徒の垣根を超えた、純愛に変化していき、その自然な移り方に、蘇募先生の実力の高さが覗える
表紙からも分かる通り、おっぱいにも、相当な愛があるなァ
こういうジャンルの作品は、描き手の性癖がモロに出ている方が面白いってのは世の常。どうやら、蘇募先生は、根っからのおっぱい星人のようだ。しかも、形や大きさではなく、究極の柔らかさを追求するタイプと見た
また、おっぱいだけでなく、シチュエーションにも拘りたい描き手でもあるようだ。おっぱいはともかく、私も状況は大事だと感じるタイプなので、様々な場所で二人の距離が近づいていく展開は、個人的にグッとくる
何より、幸福な結末になっている点が、最大の高評価だ。やっぱり、ラブコメはハッピーエンドにならなきゃ。個々の好みはあるだろうけど、私、悲恋系がダメなんだよなぁ。悲恋にしても、転生して幸せになるってパターンであって欲しい派
どの回も、ピュアなエロさでテンションが高まるものばかり。そん中でも、個人的に推したいのは、7限目「大人げ」だ。実は、一郎と児島先生は、昔に一度、会っており、彼女にとって一郎少年は、自分が変わるキッカケをくれた、人生最大の恩人だ、という事実が明らかになったのも好印象が抱ける理由だが、何より、姉ショタ、そこがいい
この台詞を引用に選んだのは、KOされてしまったので。こんな状況で、こんな顔で、こんな事を言われたら、俺が頑張らなきゃ、って気持ちになる。結果こそアレだったけど、惚れた女の為に努力した姿勢には、カッコ良さがあったぞ、一郎

レビュー投稿日
2017年7月28日
読了日
2017年7月28日
本棚登録日
2017年7月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『なんでここに先生が!? (ヤンマガKCス...』のレビューをもっとみる

『なんでここに先生が!? (ヤンマガKCスペシャル)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『なんでここに先生が!? (ヤンマガKCスペシャル)』に『黒犬』の優樹さんがつけたタグ

ツイートする