まほうつかえない(1) (モーニング KC)

3.86
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
『黒犬』の優樹さん コミック(講談社)   読み終わった 

何故、コンノトヒロ先生の四コマ漫画は、こうも面白いのか、不思議だった
今回、この『まほうつかえない』を読んで、その答えが見えた気がする
きっと、コンノトヒロ先生は魔法を使えるに違いない。その魔法とは、読み手を笑わせ、ハッピーな気持ちにするものだろう
まぁ、冗談はさておき、コンノトヒロ先生のギャグのセンスは、相当にレベルが高い
分かりやすく言うと、『アホガール』のヒロユキ先生の才能と同じく、ギラギラしている
ジャンルこそ違うが、藤田和日郎先生や羽海野チカ先生と言った、本物の漫画家が描く作品にも、ギラギラがあるものだ
つまり、コンノトヒロ先生やヒロユキ先生も、本物だ
ポンコツな魔法使いってのは、さほど珍しくないはずなのに、コンノトヒロ先生がヒロインに起用すると、どうして、こうも可笑しいのか
さっきは冗談と言っちまったが、案外、本当に魔法でも使ってるのかな
基本的には、ヒロインらのポンコツっぷりを楽しめる内容になっているのだが、ラブコメって一面があるのも魅力的だ
何より、コンノトヒロ先生のヒロインは、エロいっつーか、肉感がある
あくまで、私個人の感覚だが、ヒロインの容姿に、描き手のこだわりや性的嗜好が色濃く、隠されずに出ている作品ってのは、面白さが保証されていると思う
恐らくだが、コンノトヒロ先生が力を入れているのは、胸だろう。巨乳、爆乳と言った大きいおっぱいだけが好きなのではなく、貧乳にも良さがある、と強いメッセージを詰め込んでいる、ヒロインの胸部に
とんでもなくチートの魔法使いっ娘と同居するのも刺激的で楽しいだろうが、この『まほうつかえない』のぷにゃこ達のようなダメっ娘と暮らすのも、それはそれで、心を躍らせてくれそうだ
また、ぷにゃこらをギョニソで懐かせた、この作品で唯一の男子キャラと言っても良い、ケンジの個性も普通じゃなくていい
母親がお節介ってのもあるにしろ、こんだけ、ぶっ飛んでいる女の子らと同居していられるって、相当にデカいだろ、度量が
そんなケンジらの、面白おかしい日常がもっと見たいので、なる早で(2)が出たら嬉しい
どの回も面白く、笑いが止まらなくて困る。その中でも、私的にグッと来たのは、ある意味、一番のポンコツっ娘のモリソバが、ケンジの男らしさと優しさで、フォーリンラヴしちゃう9まほうだ。こんなタイミングの良さ、惚れるなって方が無理だろうよ
この台詞を引用に選んだのは、何気に深いな、と思ってしまったので。ヒロユキ先生も、そうだけど、コンノトヒロ先生も、ギャグの中にマジメを差し込むのが上手いよな。笑いの中に放り込まれると、こういう台詞ってのは質が高まる。実に、勉強になった

レビュー投稿日
2017年12月16日
読了日
2017年9月24日
本棚登録日
2017年9月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『まほうつかえない(1) (モーニング K...』のレビューをもっとみる

『まほうつかえない(1) (モーニング KC)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする