非情銀行 (新潮文庫)

3.31
  • (3)
  • (18)
  • (28)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 129
レビュー : 19
著者 :
kuromakuproduceさん 小説   読み終わった 

合併によって起こる銀行内部の政治的な構図が福本伸行の漫画のような、半分フィクション半分ノンフィクションぐらいのお話。

リストラとはかくも厳しいものか。会社のために自分をささげてきた人間にとっては死ぬほどつらいことである。顧客満足、持続的な経営計画、株主中心の資本主義世界にあって労働者満足というものはかくも得られぬものなのか。

最後はなんだかんだで落ち着くところに落ち着いたってところで現実的なEDだったように思います。

最後のほうはライターさんが書いてるような・・・w

レビュー投稿日
2011年6月6日
読了日
2011年5月27日
本棚登録日
2011年5月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『非情銀行 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『非情銀行 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする