ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2 (新潮文庫)

3.76
  • (661)
  • (1015)
  • (1261)
  • (42)
  • (6)
本棚登録 : 6219
レビュー : 684
著者 :
kuromamemaさん 既読   読み終わった 

今回はいろんな人物の裏側がちょっと垣間見える短編集。異母兄弟の兄の成り行きが分かる空のビードロ、一太郎の祖母おぎんとに仁吉の関係が分かる仁吉の思い人が面白かったかな。推理ものの体をとった明るく軽いファンタジーかと思いきや、空のビードロなんて人間のドロドロ~とした部分が描かれていたりして、「おや、やるじゃない」(←なぜか上から目線)と思ってしまった。回を重ねるたびに、登場人物たちの魅力が深まっていくのがシリーズものの魅力。すでに用意している3冊目を読むのが楽しみ。

レビュー投稿日
2014年5月26日
読了日
2014年5月25日
本棚登録日
2014年5月25日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2 (新潮...』のレビューをもっとみる

『ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする