坂口安吾 [ちくま日本文学009]

3.72
  • (22)
  • (36)
  • (42)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 333
レビュー : 43
著者 :
マヤさん 日本文学   読み終わった 

「堕落論」に期待して手に取ったものの、結局どの作品も肌に合わなかった。
文章のそこかしこから無責任臭が漂ってきて、それが苦手。
自分の思っていることを素直にズバッと書いているのはすごいと思うけど…。

レビュー投稿日
2013年6月5日
読了日
2013年5月26日
本棚登録日
2013年5月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『坂口安吾 [ちくま日本文学009]』のレビューをもっとみる

『坂口安吾 [ちくま日本文学009]』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする