自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

4.03
  • (136)
  • (170)
  • (82)
  • (20)
  • (1)
本棚登録 : 1514
レビュー : 193
著者 :
ころさん ノウハウ   読み終わった 

【文章】
 とても読み易い
【気付き】
 ★★★★・
【ハマり】
 ★★★★★
【共感度】
 ★★★★★

生産性とは、インプット(貴重な資源)とアウトプット(得た成果)の比率。

貴重な資源は、お金であったり時間であったり、人や状況によっても変わる、自分自身にとっての資源の価値を認識しておく必要がある。

ジェアリングエコノミーは、時間帯によって使われていなかった資源を、有効活用することで生産性向上になる。

グローバル企業がタックスヘイブンを利用するのは、資産を肥やすのが目的ではなく、「政府よりも自分達の方が、より生産性の高い資産の使い方ができるという自負の顕れである」という考え方もある。

生産性がマイナスの人を労働市場から締め出す為のベーシックインカム
・技術革新が進めば、食べる為の労働は必要無くなる

生産性を高めるとは、一つの事に集中して取り組む事ではない、空いた資源でいろんな領域の事に取り組む事ができるようになる。

人はサンクコストによって、本来手に入れたかったモノがわからなくなってしまいがち。

新しい分野の学習は、投資時間2割で成果8割、成果10割にするには、更にそこから4倍の時間が掛かる。
・成果8割とはどの程度なのかを見定める必要がある
・学習曲線と成功曲線は特性が異なる

レビュー投稿日
2017年11月24日
読了日
2017年11月24日
本棚登録日
2017年11月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功...』のレビューをもっとみる

『自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』にころさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ちきりんの作品一覧

ちきりんの作品ランキング・新刊情報

ツイートする