冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)

3.54
  • (1020)
  • (1185)
  • (2696)
  • (240)
  • (74)
本棚登録 : 11107
レビュー : 1149
著者 :
kurotaimeさん 2015年既読   読み終わった 

再読。
内容はうろ覚えだが、前回はbluから先に読んだので、今回はrossoから。

情熱的で暴力的な愛が去った後のあおいの孤独を描いた物語。
周りから見れば溢れんばかりの愛を注いでいるマーヴが可哀想に見えるし、親友なのにダニエラにも何も話さないアオイに苛立ちを覚えてしまうところだが、個人的にはそういった感情は持たなかった。
同じ過ちをおかさないよう、過去の亡霊を奥にしまいこんで今を生きる。それが幸せであり、孤独。

「情熱」的な過去のあおい、「冷静」な今のアオイ。
そしてそれが交わった「冷静と情熱のあいだ」から新たな一歩が始まる。

レビュー投稿日
2015年12月9日
読了日
2015年12月9日
本棚登録日
2015年12月9日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文...』のレビューをもっとみる

『冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)』にkurotaimeさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする