「黒犬」の優樹(2)の本棚

殿堂入りです。江口先生、また一つ、私の心の本棚に、名作を一つ増やしてくださり、ありがとうございました。
完結、それは物凄く寂しいです。ここで、寂しくない、と嘘を吐いたって仕方ありません。けど、文句なしのラストだったからこそ、殿堂入りですし、次回作が楽しみに待てるんですよ。
次回作に対する期待度は、それこそ、藤田和日郎先生の連載が終わった時と同じくらいに大きいです。江口先生からすると、シャレにならないプレッシャーはかけないで、って感じかも知れませんが、私的に、江口先生は藤田先生と互角に殴り合える存在なので。
ブラックユーモアな内容に、自分の人生について考える上で、大切な「何か」が含まれていて、最初から最後まで読み応えバッチリな作品でした。
この作品、最大の魅力、それは断トツで、主役である鬼灯様の存在感でしょう。怖いけど優しい、厳しいけど甘い、しっかりしているようでいて時に緩い。鬼神だけど実に人間臭いですよね、鬼灯様は。
そんな主役らしさを持つ鬼灯様が作品の主軸となり、各キャラたちと関わり、ストーリーを盛り上げ、オチをしっかりと付けていたからこそ、ここまでの人気になったのではないか、と私は感じています。
この(31)も、読み手の心に強く残る回ばかりでした。そんな中でも、私の印象に残ったのは、第267話「檎ちゃんの杖」でした。
一番に好きなのは、鬼灯様なんですが、次点が檎なんですよね、私。飄々としていて、ちゃらんぽらん、金にがめつく、ちょっと卑怯。男としてマイナスな部分が多いようでいて、何故か、憎めない。
檎ミキ派な私ですが、ぶっちゃけ、実際に、ミキちゃんが檎に恋愛感情を抱いているか、その辺りは微妙だな、とは思っています。ただ、少なくとも、ミキちゃんの中で、檎は特別な存在である、とは確信しています。兄たちへの好意や、鬼灯様に対するリスペクトとは異なる、温かな感情をミキちゃんは檎に対して抱いているように思えます。
なので、『鬼灯の冷徹』そのものは完結しちゃいましたが、檎ミキが恋愛方向に進展してほしい、とはマジで思っています。ほんと、檎がメインのスピンオフが読めなかったのだけが、ある意味、心残りかもしれません。
最後の最後で負の感情が漏れてしまいましたが、江口先生、本当に心から楽しめる漫画をありがとうございました。そして、次回作が、この『鬼灯の冷徹』の質を超えるモノになる事を楽しみにしております。

この台詞を引用に選んだのは、こういう事をサラッと、女性に照れずに言えちゃうから、鬼灯様はカッコいいんだよなぁ、と憧れてしまうので。
無変化、と言うと、悪いイメージに囚われがちだけど、変えないからこそ保たれる素晴らしいもの、もこの世にはあるでしょう。
何がある、そう聞かれると、まぁ、困るんですけど、あるのは確かだと思います。
大事なのは、あるがままを受け入れられる心に育てる事かと。
「あと、座敷童子さんは、そのオカッパが似合っていますよ。変えるよさもありますが、変わらないよさもあります。変える必要のない、素晴らしい状態ということですよ。あくまで、私の主観ですが」(by鬼灯)

そして、もう一つ、この(31)で私の心に響いた名言を紹介。
断言しますが、この言葉で〆ているからこそ、『鬼灯の冷徹』は、私の中で殿堂入り作品になりました。
確かに、と読み手を納得させるパワーを持つ言葉を出せる、それは漫画に限らず、小説を書く上でも大切な事でしょう。
自分は、カリスマにも、陰の傑物にも、陰の傑物の育成役にもなれそうにないが、せめて、一人でも多く、読み手の心にガツンッとぶつかっていける言葉を発すキャラを、自分の小説に登場させていきたい、とやる気が増しました。
「この世でも、あの世でも、統治に欲しいのは、冷静な後始末係である。が、そ...

続きを読む

2021年6月6日

ネタバレ

こちらも、『日々、君』と同じくらい、小池先生らしさが滲み出ている
私的に、この『若旦那はザンネン。』を読んでもらいたいのは、私と同じく、しぞーか人。老舗の茶舗が話の舞台であるなら、お茶で有名な静岡に住んでいる者としちゃ読んでおきたい漫画
お茶の淹れ方や豆知識が、ちょいちょい出てくるので、何気に役立ってくれるのも嬉しい(←これまた、失礼)
あと、本宮ひろ志先生の代表作『サラリーマン金太郎』や『グッドジョブ』の愛読者にも、私は自信を持って推薦できる、この『若旦那はザンネン。』を
働くってことに対する意識や、自分が生活していく場所を寂れさせないためには、どんな努力をすべきか、を考えさせてくれる
タイトル詐欺でないのも、これまた、高ポイント。確かに、この『若旦那はザンネン。』の榊しのぶは、残念な部分がある。けど、駄目な奴じゃない
自分の捻くれたコンプレックスと必死に向き合って、自分を変え、大切な場所を守り、なおかつ、より良くしていこう、と頑張れる芯の強さがある
そんなしのぶの良さを知ってくれている友人らが、彼を支えている姿には、結構、グッと来るものがあるので、その手のストーリーが好きな人にもおすすめ
基本的な内容は、このままを維持してほしいにしろ、小池先生のファンとしちゃ、もうちょい、ラブコメ要素を濃いめにしてほしい。しのぶの漢気を引き出すようなヒロインが、今後、出てきて、彩り豊かになってくれりゃ嬉しい
あと、バブが可愛いので、実際に作ってくれないかな、月刊まんがくらぶの編集部さん。人形が無理そうなら、せめて、ラバストか缶バッジを

この台詞を引用に選んだのは、小池イズムを感じ取れるので
作中で、しのぶの、不器用な前の向き方に好影響を、特に受けているのは、晴太郎かもな、と私は思っている
しのぶに、自分が抱えている傷を打ち明けて貰い、彼の見た目からは想像できない強さを知った事で、晴太郎も人間的に成長しているんじゃないだろうか
彼の言う通り、世の中、色々な人がいる。出来る事、出来ない事も人それぞれで、生き方っつーか、どう生きたいか、も千差万別だ
自分や世間の常識に当てはまらない生き方をしている他人を、輪から追い出すのではなく、己を成長させるために受け入れられる柔軟さを持つ人間を、私は尊敬する
こういう考え方を出来る晴太郎を、愛し気に見つめるみずほちゃん、良い顔している
周りがよく見えていて、気遣いもできる晴太郎だけど、大体、こういうタイプは、自分に向けられている恋愛感情には疎いもんだから、みずほちゃん、もっと、積極的に行った方が良い
「・・・器用な人もいれば、不器用な人もいる。人によって、当たり前に出来ることは違う。全ての人が、同じように生きられるわけじゃな・・・ただ、それだけのことなんだと思います」(by日ノ出晴太郎)

2021年3月14日

ネタバレ

これは、良い漫画。どこがどう良いのか、と言うと、良い意味で「普通」なトコ
それは、褒めているのか、他の漫画読みに良い漫画としてお勧めする気があるのか、と聞き返されそうだが、この『サラウンド』を読了している方なら、「ん、まぁ、理解はできる」と言ってくれないかな、と期待している
正直なとこ、男子高校生3人が、しょうもなくて、深さがあまりなくて、でも、アオハル感のある話題でダベって、笑い合い、仲良くしている内容を、私は、良い意味で「普通」、としか褒められない
BLを読みたい人からすると、この『サラウンド』は物足りないかもしれないが、このくらいが、私には丁度、いい塩梅だ
気が早い、まだ続くから、とツッコまれそうだが、この三人組は十年後も、進んだ道や立ち位置が変わっても、事ある毎に集まり、こうやって、談笑していそうだ。自然と、酒を飲みながら、和気藹々としている風景を浮かばせるのが、これまた、紺津先生の凄いトコじゃなかろうか
私の推しキャラは、山口くん。背の高さも含め、なんか、存在感が凄い。どっしりとしているように見えて、意外に初心で、考えている事が何気に読みやすい。肉体的だけでなく、精神的にも伸びしろがありそう、と感じさせてくれるトコに、好感が持てる
このままでも、私としちゃ十分に満足なのだが、高校生が主役の作品では、恋愛も外せないのが、これまた、お約束
ちょいちょい、女子キャラも登場するので、彼女との絡みも今後、増えていくと嬉しいな、と淡い期待はしている
なので、紺津先生、(2)では山口くんと澤井ちゃんの仲を、ほんと、ちょっとでも良いんで、甘酸っぱい方向に進展させてください。軽薄な輩に、澤井ちゃんが絡まれ、困っているトコを、山口くんがビビりながらも助ける、なんて最高じゃないっすかね!!
あと、話と話の間に、質の高い四コマ漫画を入れてくれるのは、かなり嬉しい。(2)では、丸々、四コマ漫画だけの回があっても嬉しいなァ

この台詞を引用に選んだのは、田島のクセに、なかなか、良い事を言うじゃないか、と驚いたので(←いや、失礼)
意見は色々とあるだろうが、高校生のうちに、アルバイトはしておくべきだ、と私は思っている
高校生がやっちゃアウト以外のアルバイト内容なら、積極的にチャンレンジしてみるといい
そういう経験があると、社会人になってから、それはある程度の強みになる
勤労意識に対する基礎が出来ているから、仕事のキツさに対して、それなりの折り合いが付けられるようになるし、部下を使う立場になった時にも指導がしやすいし、アドバイスに説得力が宿るんじゃないだろうか
山口くんに合いそうなアルバイトは、やっぱり、土木関係か、配達系だろう
彼の性格だと、接客は厳しそう。でも、だからこそ、挑戦すべきかもしれん
「ちょっとの時間我慢して、好きに使える金が多少あんのも、結構、楽しいよ」(by田島浩太)

2020年12月20日

ネタバレ

この(11)も、最高に妖怪だった
面白可笑しく、人間と妖怪の交流が描かれているんだけど、内容が浅くなく、異なる種族が強い絆を紡ぐことの難しさ、その壁を越える意味がしっかり描かれている
絵柄の好みで言うと、私としちゃ、藤田和日郎先生やみなぎ得一先生、楠桂先生くらい、濃いめの方が好きなんだが、影山先生の絵柄は、ストーリーが重くなりすぎるのを良い具合に阻止してくれているので、上手いな、と感じる
やはり、ストーリー、絵、キャラの調和が取れている漫画は読みやすいし、面白さが増す

この(11)のメインは、表紙を見ただけでも判ると思うが、河童
ソウルメイトであるカッパの、「ここにいたい」、「奇異太郎たちと素敵な時間を過ごしたい」、その純粋な願いを叶えるべく、奇異太郎が仲間と共に、「カッパ相撲五番勝負」に挑んでいる
河童と言っても、色々な奴がいるのだなぁ、と思わせるのは、さすが、影山先生
ガラッパを始め、実に個性的で、キャラが濃い
奇異太郎とカッパの仲を裂こうとするガラッパだが、彼は決して、悪いヤツじゃない
彼には彼の通すべき筋と、守りたいモノがあるだけだ
もちろん、奇異太郎にだって、譲れないものがある
どちらも引く気がないのならば、もはや、言葉は不要、拳で語るのみ
ガキっぽいと言われるかもしれないが、男ならば、こういうシンプルな熱戦にはテンションが高まるもんだ
相撲だからと言って、バカにしちゃいけない
むしろ、相撲だからこそ、面白いのだ
ほぼ裸で、素手、蹴りは使っちゃならず、足裏以外が地面に着いたら負け、そんな制限が多いルールの相撲が、今日まで廃れていないのは、力士同士がぶつかり合い、全力を出し合う姿が、見る者の魂を打ち、感動を与えるからに他ならない
人間と人間の相撲でもグッと来るのに、相撲好き妖怪の代表格と言ってもいい河童と相撲勝負をするとなったら、つまらないはずがない
滝霊王vs水虎、芝天vs九千坊、妖狐vs禰々子、カッパvs荒川弾正、どれも素晴らしい一番だったが、やはり、大将戦の奇異太郎vsガラッパは凄かった
それこそ、これ、相撲としてアリなの、とツッコみたくなるレベルの名勝負だった
全力を出し切って、なお負けたガラッパが潔く、敗者としての筋を通した姿も、またカッコよかった
この経験が、奇異太郎を、どう成長させたのか、今後が楽しみだ
にしても、どんどん、人間離れ化が進行していくな、奇異太郎は
まぁ、だからこそ、女性型の妖怪にモテまくってるのだろうが
次巻では、どんなヒロインをメロメロにし、ハーレムの一員に加えるのか、そこも期待できる

この台詞を引用に選んだのは、奇異太郎のカッコ良さが特に際立っているな、と感じたので
大切なモノを守りたい勝負に挑むからこそ、自分の持っている一番の価値あるモノを、敗北した時には捨てる覚悟を持っていなければならない
奇異太郎のこれは短慮ではなく、勇敢さから来る大胆さだろう
もちろん、奇異太郎の覚悟を真正面から受け止めたガラッパも、雄だ
こういう不敵さは見習いたいものだ
「お前の言う『離れの主』と、俺が言う『離れの主』は意味が違うのだったな? だが、そう名乗ること自体を、お前が気に入らないと言うなら、・・・・・・それで、カッパを連れ帰るのを諦めて、納得してくれるのならば―――OK、賭けよう。こちらが負けたら、俺はもう、『離れの主』とは名乗るまい。他の妖怪たちにも、俺をそう呼ばないよう、徹底させよう。・・・・・・それで、どうだ?」
「いいぜ、上等だ。イヤ・・・・・・極上だぜ!」(by奇異太郎、ガラッパ)

2020年10月25日

ネタバレ

これは、良い漫画である、と一漫画読みとして、自信満々に言える
ぶっちゃけた話、がい子くじん先生の気を悪くしてしまうかもしれんが、思っていた以上に、良い漫画で、これは感想を書かねば申し訳が立たない、と思った次第だ
しかし、この作品の良さは、中々に説明が難しい
読めば解かる、と言ってしまえれば楽だが、それは、感想書きとしての責任を放棄している
ひとまず、言える事は、人は見かけだけで判断してはいけない、相手の内面の美しさを見る目を持つことが大事であり、人は諦めなければ夢を叶えられる、だ
大抵の人が綺麗事や世迷言と言うようなモノが、この『奴隷エルフと商人』には詰め込まれており、読めば、心が洗われていくこと、間違いなし
なので、人を妬み、嫉み、怨み、僻み、心を毒を溜め込んで、腐敗させているからこそ自分だって言える人は読まない方が賢明。読んだら、間違いなく、自分の汚さと向き合う羽目になり、「ギャアアア」と悲鳴を上げる事になる
絵は上手くない、しかし、これは、味がある、と言い切れる
この絵だからこそ、良い裏切りのインパクトが最大限に発揮されているのだ
こんだけ、グッと来る、ハートフルなストーリーを読んでしまうと、次回作への期待が、かなり高まってしまう。けど、このがい子くじん先生なら、きっと、私ら漫画読みの度肝を抜き、この『奴隷エルフと商人』を凌駕する作品を描いてくれるに違いない

この台詞を引用に選んだのは、カッコよすぎて涙が出たので
美男美女しか出て来ない作品だが、私的に、これを臆面もなく言えるモヒカンさんが、一番のイケメン
見た目で、人の価値を判断せず、己の心に従って接する
簡単なことだが、実に難しい
ぶっちゃけ、人を見た目や立場で、自分より上か、下か、で判断する方が楽だからだ
しかし、その楽が人種差別を生み、悪化の一途を辿らせている事も事実
すぐには難しいだろうが、この『奴隷エルフと商人』を読んだ人らが、他者を外見だけで判断しないようになり、そのスタンスを他の人にも伝えていってほしいものだ
きっと、そうすれば、美男美女ばかりになるんじゃないだろうか
身分と立場を越えた友情、グッと来ますよねェ
「・・・・・・見た目っつてもなぁ、耳の傷だって、俺らにたまたま、ついてないだけだしよ。それで、区別すんのはおかしいな、と思っただけだよ」(byモヒカンさん)

2020年10月18日

ネタバレ

ついに、この『鬼灯の冷徹』も三つ目の大台に到達
やった、と喜んでいたんだが、まさか、次巻で完結とは驚いた
ぶっちゃけた話、まだ、そこまで強いショックは来ていない
適当な自己分析に過ぎないが、この『鬼灯の冷徹』が最高の作品だからこそ、多分、(1)を読んだ時点で、私の中で自然と、完結巻のショックに対しての精神的な備えが構築され始めていたんだと思う
自分で言うのもアレだが、それなりに、漫画読みとして成長しているからこそ、このような高度な自己防衛力が働くようになっているのではないか
と言いつつも、(31)をいざ読んだら、ショックを受け、しばらく、飯も食えなくなる可能性はある
さて、気を取り直して、この(30)の感想を書こうか
(31)に備え、久しぶりに、一話一文の感想を書いてみよう
表紙
これほど、インパクトのある父娘も、そうはいない
『猪突猛進』
やはり、この作品の中で、鬼灯様が最強なんじゃないだろうか
『為政の協奏曲』
確かに、三二頁は正邪じゃ混在していて、カオスそのものだ。しかし、それがいい
『漢春一我が道を行く』
男前っぷりでは、鬼灯様とタメを張れるのは、やはり、春一さん、私の中じゃ
『どっちもつらいよ』
胡麻擦るべき上司を即座に見抜くのも、新社会人として必須のスキル
『フィクション』
やっぱり、小説家の世界も修羅の集まりなんだろうなァ。俄然、ヤる気が湧いてきた
『安定のバー 不安定のカー』
シロには、このまま、バーカーのままでいてほしいもんである
『大役だろうが何だろうが』
コロナ禍で、こういうジジババを泣かせる、発表会の場も催せなくなってるんだろうか、やはり
『ちょっとしたパーティー』
一三四の金魚草、これを、ちょっといやらしい、と感じる乙女′sが可愛い
『毒をもって』
木霊さんは、ほんと、優しい心を持ってる。私もナデナデされたい

この台詞を引用に選んだのは、シンプルに、凄ぇな、と感心したので
春一さん好きだから贔屓ってのも、多少はあるが、実際、この(30)の中で、最もインパクトがある、この台詞は
頭が固い上に両耳が「常識」って耳垢で詰まっちゃっているお偉いさんや、平気で自分と違う他人に残酷な事が出来るほど自分を正しいと思い込める人からは、そりゃ、もう、唾液まみれの大ブーイングが飛んできそう
そこそこの良識とそれなりの折り合いが付けられる柔軟さの持ち主でも、さすがに、苦笑いを浮かべるしかなさそう
けど、不思議な説得力はある
正しい、とも言えないけど、まるっきり間違っている、とも決めきれない
とりあえず、一つだけ断言できるのは、この春一さん、強くて真っすぐで、大きく、カッコよい本物の男だ
春一さんのようになりたいが、さすがに、ここまで、生まれた姿を晒し、なおかつ、ガンガンと積極的に攻めていく度胸は私にゃないわけで
「上っ面で優しい奴ってのは、ペラペラだぞう。どーせ、美人が年くったら浮気すんだ。変でも、真心が大事だぜぇ。な! 言葉の品のよさだけが、自慢の連中なんざ、信用できねぇよ! な!!」(by春一さん)

2020年9月27日

この『妖怪の飼育員さん』も、『からくりサーカス』や『終末のワルキューレ』と同じく、自分の感性を信じて、「面白い」と言える、言わせてくれる作品の一つ
あくまで、私個人の印象だが、藤栄先生は、単に笑える「面白さ」だけではなく、読み手に自分の考え方を持たせるキッカケとなる深さも意識して、この作品を描いているように思う
妖怪が単なる悪いヤツだったり、気軽に付き合える隣人だ、と断定せず、人の方が適切な距離感を保つことを意識しておかねばならない存在、と感じさせる表現は秀逸じゃなかろうか
大抵の日本人なら知っている有名な妖怪から、こんなのがいるんだ、とビックリさせられる認知度が低めな妖怪も登場するので、それこそ、『奇異太郎少年の妖怪絵日記』と同じく、妖怪の事を知る入門書としてはピッタリかもしれない、と私は思う

この(7)は、初っ端から、読み手をハラハラさせてくれた
空中で激しい戦闘を繰り広げる餓者髑髏と蛟龍ってのは、私みたいなタイプの漫画読みの心をイイ感じに刺激してくれる
前巻から出された、数多いる妖怪の中で最速は何なのか、って答えも出た
まさか、姥ヶ火だったとは
マッハ12って、それこそ、ウルトラマン達よりも速く飛べるんじゃないだろうか。それでいて、ソニックブームで周囲に、甚大な被害を発生させないってんだから、妖怪って、ほんと、不可思議
助っ人ならぬ助っ妖怪の姥ヶ火さんの援護で、蛟龍の奪熱による行動強制停止に追い詰められていた餓者髑髏が押し返すって、戦いの流れも、これまた、セオリーを抑えていてくれて、グッと来る
勝てる事が確定しているために、無駄に接近戦を仕掛けてこない蛟龍に対し、強力な威力の一方で有効範囲が狭い餓者髑髏が、荒っぽく見えて、実に理に適っているやり方で、戦意を喪失させるほどの一撃を喰らわせたのも見事
トドメの一撃を刺そうとする餓者髑髏を制止し、蛟龍を逃す判断を下した鳥月さんの心、これにも強さを感じる
この太い芯があるからこそ、彼女は大物感がある妖怪に気に入れられるのか
そんな彼女の優しさに触れていく事で、餓者髑髏に、今後、どんな変化が起きていくのか、楽しみ。それこそ、会話が可能になるんじゃないだろうか、と期待している
オチも、これまた、藤栄先生らしいものだった
この作品を受験生が読んでいるのか、その辺りは微妙にしろ、予防の一手をきっちりと打っておくあたり、さすがの一言だ

この(7)のラストでは、鳥月さんを気に入っている一体である神野さんが、人の姿を模し、妖怪園の職員として潜入している
ほんと、これまた、私個人の勝手な印象だが、烏月さんは亞の正体が、神野さんだ、と察した上で、新人さんとして接しているんじゃないだろうか
ぽやぽやしているようで、その手の勘が鋭い彼女なら有り得るんじゃないだろうか
彼女を含め、多くの人間を知っていくことで、神野さんの意識に、どんな変容が生じるのか、この辺りも、今後、楽しみな一つ
私としては、鳥月さんと同じくらい、大源さんと絡んで欲しい
BL的な意味合いじゃなく、大源さんは、鳥月さんとはベクトルが違うにしても、妖怪からの信頼と信用をガッツリ掴み取っている人物
この(7)でも、しっかりと出番を確保している大源さん
ここまで、個性がブレず、自分がやりたいように暮らせる心の強さと強かさは実に羨ましい
まぁ、同じ男として、「おいおい」と思う事はあるんだが
神野さんに、「こいつぁ、只者じゃねぇな」と呆れられながらも、一目置かれるような活躍をしてもらいたいトコ

どの回も面白かったが、個人的に、藤栄先生への好感度がドッカンと上がったのは、番外編「つぶらの方式」だった
確実に、ヒロインの立場を強めてきている彼女の信念と言うか、揺るがぬモノが、この番外編で描かれている
...

続きを読む

2020年8月23日

ネタバレ

感想は、初代の方に書いてあります

2020年7月25日

感想は、初代の方に書いてあります

2020年7月25日

ツイートする